FC2ブログ
RSS

吉本隆明氏の「反原発」異論(27年6月24日)

 原発のような文明の進展を否定し、穴倉に閉じこもるような人は猿である

 知の巨人といわれ、2012年3月に亡くなった吉本隆明氏は、生前ずっと、反核・反原発の風潮に対し異論を唱えていた。とくに3.11の原発事故のあと、亡くなる前2012年1月の「週刊新潮」に掲載された「反原発で猿になる」は大きな反響を呼んだ。そのタイトルの過激さもあって、読者の半分が逃げてしまったとも言われる。

 吉本氏は、反原発の愚かさについて、つぎのように述べていた。吉本氏は哲学者であると同時に、もともとは優秀な技術者でもあったことから、物事の本質をきちんとわきまえている。

                人類の未来

①知識や科学技術は元に戻すことはできない。どんな退廃的でも、今あるものは否定できない。
②文明の発達は、常に危険との共存である。危険があれば防御策を講じることとのイタチごっこ。
③常に今以上のものをつくるか、考え出すしか方法はない。
④やるべきことは、原発を止めることでなく、放射線に対する防御を完璧にすること。
⑤人間が他の動物と違うところは、こうした努力をあきらめず続けてきたことである。
⑥原発をやめるか進めるかは、本来、科学技術の進歩や文明の発達をどう考えるかの大きな問題
⑦それが、「原発放射能で人が死ぬ」、「反原発で経済破たんする」という問題に矮小化している。
⑧反原発者も推進者も、卑怯な武器である「脅迫」を使うのは問題。とくに放射能の危険を煽る人を、決して許してはいけない。

 私はこれまで、反原発者のあまりの浅薄さ、身勝手さにあきれ、彼らこそ傲慢で残酷だとこき下ろしてきた。また原発の稼働は、単にリスク管理や技術の問題として考えてきた。
 
 しかし吉本氏の思想はもっと大きい。原発問題を文明論として捉えている。そう考えれば、原発のような文明の進展を否定し、穴倉に閉じこもるような輩は人間でない。猿と論争するから、いつまでも埒が明かないのである(そのせいか、小泉元総理の面相も人間離れしてきた)。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR