FC2ブログ
RSS

介護サービス(27年6月6日)

 介護からその周辺サービス事業については、あまり規制しない方がいい

 今年度から、いくつもの値上げがある。介護保険料もその一つである。
 保険料は上がっても、介護業者への料金は下がった。介護者の人件費分はわずか上がっても、相変わらず介護従事者の給料は安い。

 そんな業界でも、年収600万円もの介護従事者がいる施設があるという。ここでは、介護保険ではできないサービスを行っている。付き添いサービスや買い物サービスなどである。

 ただ高齢者相手のビジネスは、どうしても胡散臭さが付きまとう。サービス提供者と認知症の老人とでは、対等の交渉にはならない。きわどい綱渡りになる。
 また、金持ちとそうでない高齢者の間の格差をやっかむ声も上がる。

 それでも、虎穴に入らなければ虎児を得ることはできない。さらに、塩漬けになっている高齢者の資産を流動化させることは、日本経済の悲願でもある。
 介護からその周辺サービス事業への進展を期待したい。消費者庁は、あまりやかましく規制しない方がいい。騙された老人といえども、死ぬまで騙されたかったはずである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :