FC2ブログ
RSS

認知症者の殺人(27年5月19日)

 高齢者に対しては、殺人を犯すまでの前兆段階で断固とした処置をとる

 今月12日に埼玉県草加市で、77歳の父親が46歳の長女を刃物で切りつけ殺害した事件があった。この父親には認知症の疑いがあり、家族が市に相談していたという。

 認知症患者の厄介なところは、ほとんどの人が「絶対自分は認知症でない」と思っていることである。高齢でプライドが高い。そのため物忘れを人のせいにして、大声を出したり暴力をふるう。男性の場合、まだかなりの腕力があるからどうしようもない。その本人が治療や受診を拒否すれば、女性の家族では手に負えるものでもない。
 「元気な」認知症患者が暴れだしたら、その家や社会は崩壊する。

 ネットユーザーの中には、他人事ではないとしたコメントがいくつかあった。

≪うちの父親も認知症でした。問題行動が多かったために病院もホームも預かってくれず、母と2人で必死で自宅介護しました。いつ何が起きてもおかしくない異常な毎日でしたので、今回のことも、とても人ごととは思えません。放置しておけば老人虐待と呼ばれ、向き合えば自分の人生を諦めざるを得ない、認知症の介護の難しさを思い知らされます。≫

≪うちも高齢の父親に殴られる。まだ認知症というほどではない。がちょっと物忘れが入っているので、認知症の気があるのかな。顔にあざが出来たこともある。≫

 じつは私自身の家でも、同じような状況になりつつある。まさに高齢化社会の負の側面が牙をむいてきた感じである。
 したがって、こんな厄介者をどうするか、市に相談してどうなるものでもない。肝心なことが何も決まっていないからである。お役人はルールがなければ動かない。

 それならルール(法律)を決めればいい。
 いくら認知症でも、殺人を犯すまでには、他人を傷つけたり罵倒したりするなど、かなりの前兆があるはずである。その段階で断固とした処置をとる。つまり高齢者の罪状を重くする。
 たとえば、60歳以上の高齢者が年下に対して傷害行為を行った場合には、ただちに死刑。言葉での暴力は終身刑。万引きや立ちションベンは、国外追放がいい。80歳は、何もしなくても死刑。無理なら、収監して強制労働だ。

 これくらいやらなければ、家庭の悲劇はなくならない。本音ではほとんどの人が賛成するはずだ。この法律さえ決まれば、市役所でも十分対応できる。

 そうなる前に、危ない人は自分から身を引いたほうがいい。家でも会社でも、「アレはどこへやった」といい始めたら、もう赤信号である。一番いいのは、最初から老人をつくらないことである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR