FC2ブログ
RSS

ドローン規制はやりすぎ(27年5月14日)

 あらゆる社会の仕組みは、リスクと便益のバランスをどうとるかが問われている

 東京都が、都内81カ所の公園でドローン使用を禁止する通知を出した。違反すれば、罰金が科せられる。その他の都市でも、規制する動きが活発である。

 もちろんこれは、先月4月22日に首相官邸屋上で、クアッドコプターという形式のドローンが墜落しているのが発見され、放射性物質が検出された騒ぎから出てきたものである。また海外では、刑務所収監者に違法物質を送るなど、ドローンを使った犯罪が増えているという。

 しかし、規制の行き過ぎは問題である。私自身が一時、規制を煽っていたのは悪かった。そもそもあのとき、ドローンなるものを聞いたのは初めてであった。

 ドローン規制が行き過ぎると、健全な技術発展が阻害されてしまう。これまでせっかく自由に動けた頭上の空間までもが、がんじがらめでは何とも息苦しい。売春防止法飲酒運転厳罰化でうつ病患者が増え、自殺者が激増したのと同じである。

 すべてのリスクは、便益とトレードオフの関係にある。何かあったときすべて禁止するのは、能無し政治家のやることである。
 「ものはほどほど」。あらゆる社会の仕組みは、そのバランスをどうとるかが問われている。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :