FC2ブログ
RSS

富士写ヶ岳から火燈山へ周回(27年4月26日)

 今年は、シャクナゲの外れ年? つぼみも少ないので、あまり期待できない

 晴天の今日、富士写ヶ岳に登った。
 いつもは、つり橋の我谷コースであるが、今回は大内コースである。しかも、火燈山への周回コースとはり込んだ。富士写ヶ岳から不惑新道を経て小倉谷山、火燈山に至り、火燈古道から大内峠へ下山の周回である。数年前までヤブ漕ぎのコースを、地元の方が整備されたという。全長8キロのロングコースで、タイムは5時間の予定。

 福井から丸岡を通り、364号線のトンネルを抜けてすぐ、右へ入ったところに大内登山口がある。
 昨年の今ごろ(27日)、我谷コースのピストンで、シャクナゲの群生に感激した。そのとき、大内コースのほうがたくさん咲いているということを聞いた。期待が高まる。

 7時10分に登山開始。今年初めての登山にもかかわらず、2時間のコースタイムを切って、富士写ヶ岳のピークについた。
 ところが期待したシャクナゲは、ほとんど咲いていない。大内コースの登りで見かけたのは、辛うじて1輪か2輪である。そのかわり、なぜかイワウチワが咲いている。シャクナゲほど派手ではないが、小さくて清楚な花である。この花は、周回コースの至る所で群生していた。

 富士写ケ岳大内登山口H27.4.26 イワウチワ群生 H27.4.26 富士写ケ岳から小倉谷山コブシの道H27.4.26

 富士写ヶ岳(941m)と小倉谷山(910m)の道程はおよそ2.5㎞、標高差はわずか30mである。ただその間に、2~300メートル下ってまた登る。手を使っての急降下と急登である。甲斐駒~仙丈岳ほどではないが、老体にはこたえる。期待したシャクナゲもない。
 それでも、小倉谷山への急登が終了したあたりから、白いタムシバの並木道がしばらく続いており、慰めにはなった。

 小倉谷山への道から富士写ケ岳H27.4.26 火燈古道シャクナゲ H27.4.26 火燈古道入り口 H27.4.26

 小倉谷山から火燈山(801m)へは15分。火燈山は、竹田からのコースもあるが、周回の火燈古道から降りる。
 シャクナゲは、火燈山からの下山道でやっとお目にかかることができた。それでも10本から20本、数えるほどしかない。つぼみも少ない。昨年多かったぶん、今年はシャクナゲの外れ年なのか。

 大内登山口  7:10  (登山開始)
 富士写が岳  9:00~9:15
 小倉谷山   10:50~10;55
 火燈山     11:10~11:25
 火燈古道入り口  12:20 (下山)
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR