FC2ブログ
RSS

フェルミ推定(27年4月21日)

 詳細な調査より、「当たらずと言えど遠からず」のほうが正確な場合がある

 「フェルミ推定」は、実際に調査するのが難しいようなとらえどころのない量を、いくつかの手掛かりをもとに推論し、短時間で概算するものである。コンサルティング会社や外資系企業などの面接試験でよく使われ、欧米では教育の一環として、科学的な思考力を養成するために用いられるという。

 税務署が脱税企業に目をつけるのも、フェルミ推定の一つに違いない。客数と客単価、季節変動、商品の原材料価格などは簡単に推定できる。私がこのブログで示す数字も、たいてい簡易的なフェルミ推定によるものである。

 具体的には、直接答えを得ることが難しい問に対し、
 ①関係するいろんなデータを集める
 ②そこから、エイヤット推論する。この段階で、大胆な発想が求められる。

 よく知られているフェルミ質問は、「アメリカのシカゴには何人のピアノ調律師がいるか?」というものである(以下ウィキペディアより)。
 1.シカゴの人口は300万人とする
 2.シカゴでは、1世帯あたりの人数が平均3人程度とする
 3.10世帯に1台の割合でピアノを保有している世帯があるとする
 4.ピアノ1台の調律は平均して1年に1回行うとする
 5.調律師が1日に調律するピアノの台数は3つとする
 6.週休二日とし、調律師は年間に約250日働くとする

 これらの仮定を元に次のように推論する。
 1.シカゴの世帯数は、(300万/3)=100万世帯程度
 2.シカゴでのピアノの総数は、(100万/10)=10万台程度
 3.ピアノの調律は、年間に10万件程度行われる
 4.それに対し、(1人の)ピアノの調律師は1年間に250×3=750台程度を調律する
 5.よって調律師の人数は10万/750=130人程度と推定される

 当たらずと言えど遠からずであろう。むしろこの場合、詳細な調査を行っても、正確な数字を出せるとは思えない。「ピアノの調律師」の定義も国や地域によってまちまちであるし、恣意的にいい加減なデータを出してくるところもあるはずだからである。

 しかしこのように、単にいま現在の数字を推定するだけではあまり意味がない。フェルミ推定を、もっと建設的なものに使いたい。

 ではフェルミ推定問題、
 「日本の公衆トイレの数は充分か」 
  
   前立腺肥大の旅行者にとって切実な問題である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR