FC2ブログ
RSS

酒の適量(27年4月18日)

 高い金を払って、半日を棒に振るような馬鹿な真似を、今まで何回繰り返してきたのであろうか

 適量の飲酒とはどれくらいを言うのか。必ず医者には、「日本酒で毎日1合以内、週1回は休肝日をもうけなさい」と昔から言われてきた。

 もちろんこの基準は、すべての人に当てはまるわけではない。酒が生き甲斐の人は、こんな雀の涙では、あっという間に死んでしまう。逆に酒に弱い人は、1合も飲んだらそれこそひっくり返る。
 それに、「休肝日」というのは、何時間あければいいのか。たいてい1日1回しか飲まないので、その間は休肝日である。

 そして、どれくらい飲んだら2日酔いになるか。私の場合は、徳利5本まで。家ではそんなに飲まないが、月に3~4回の宴会ではそれで済むわけがない。たいていそれ以上飲んで、翌日の午前が潰れる。

 高い金を払って、半日を棒に振るような馬鹿な真似を、今まで何回繰り返してきたのであろうか。とく飲み放題はいけない。幹事にはやさしいが、参加者には悲惨なシステムである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :