FC2ブログ
RSS

統一地方選新知事(平成27年4月13日)

 福井では優秀な人ほど政治家にはならない。次の知事選こそ、若い保守系の候補が出てほしい

 昨日統一地方選があり、私も知事と県会議員選挙の投票を行った。
 知事選で西川候補は、これまでの実績を訴え、人口減対策に徹底的に取り組む姿勢を示し、共産党金元候補は、原発ゼロや北陸新幹線の県内延伸反対を主張してきた。いずれも、マンネリの候補だけに新鮮味はない。

 予想通り、西川知事が24万票で4選された。投票率は48%であった。最初からわかりきった結果だけに、わざわざ面倒な投票行動を起こしたくなかった。 
 それでも、共産党候補に入った6万票のうち、かなりが批判票であろう。投票率が20%くらいになり、間違えてその候補が当選してしまったら困る。

 西川知事はこれまで、可もなく不可もない典型的な地方政治家であった。4選され、権力が強化されるとおかしくなる人がいる。願わくば、晩節を汚さないようにだけ、していただきたい。

 次回の選挙には、若い保守系の候補が出てほしい。最初から政治的力量など期待しない。もっとも福井のような地方でさえ、選挙は知名度優先である。優秀な人ほど政治家などにはならない。 4年後はどうなる??

  福井西口工事現場 H27.4.11  福井西口再開発看板 H27.4.11 
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :