FC2ブログ
RSS

サッカーボールの事故判決(27年4月10日)

 裁判所というところは、常識が常識とわかるのに、10年もかかる

≪小学校の校庭から蹴り出されたサッカーボールが原因で交通事故が起きた。ボールを蹴った小学生(当時)の両親に賠償責任はあるのか――。そうした点が争われた裁判の判決が9日、最高裁であり、第一小法廷(山浦善樹裁判長)は「日常的な行為のなかで起きた、予想できない事故については賠償責任はない」との初の判断を示した。4月9日朝日新聞デジタルより≫

 ようやくまともな判決が出た。といって、喜んでばかりはいられない。ここまで、いったい何年かかったのか。

 事故があったのは、2004年である。小学校庭で放課後、当時11歳の男児がゴールに向けて蹴ったボールが、門扉を越えて道路に転がり、オートバイの85歳男性が転倒し、足の骨折で入院した。1年4か月後に肺炎で死亡したという。
 2007年に訴訟がはじまり、1審と2審では、男児に過失があったと判断し、男児の両親に、1200万円の賠償を命じていた。「子供に対し、『ゴールに向けて蹴るな』と教えていなかった」という、まことにアホな理由である。

 これまでよく似た「事件」の訴訟でも、親族の監督責任が問われていた。昨年、痴ほう症の老人が踏切事故で亡くなったとき、その老人の家族がJRから賠償を請求されたこともある。老人をはねたほうが賠償金をもらえる。相手が高齢者だけに一理あるが、状況を考えるとおかしい。だから上告している。

 今回はとくに、「加害者」が11歳の少年で、相手が85歳の老人である。11歳と85歳では、どちらが大事かだれでもわかる。11歳は無限の可能性を持っているのに、85歳の価値は残り少ない

 それなのに、亡くなった高齢者は、死ぬことでさらに若い人を苦しめた。この場合、罪深いのは子供ではなく、亡くなった高齢者の方である。この10年の間、関係者はどれだけ悩んだことか。私なら、後期高齢者を犯罪でなくあの世に送った小学生を称賛する。踏切事故のJRのように、逆に亡くなった老人から賠償金をもらってもいい。

 裁判所というところは、簡単な常識が常識とわかるのに、10年もかかるのである。 
  最後の大咲き!!   足羽川堤防

  桜咲いた足羽川堤防 H27.4.9  最後のひと咲 足羽川堤防H27.4.9
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR