FC2ブログ
RSS

比較の幸福(27年3月23日)

 「幸せの国」ブータン国は、経済発展が進めば、「不幸の国」に成り下がってしまう

 以前このブログで、「お金持ちほど、世の中を搾取してきた人たちである」という意味のことを書いた。もちろん私の負け惜しみで、本音では「成功者」は、自分とは何か違うものを持っていると思っている。だから、彼らはお金持ちになった。大多数の貧乏な日本人は、そう思って劣等感を感じている。これでは幸せではない。

 ところが、まったく異なった考え方を持っている人がいる。世界ではその方が多いのかもしれない。
 たとえば、アラブの人々である。
 貧乏なアラブ人に施しをしても、それに対して感謝されることはない。持っているものが持たざる者に分け与えるのは、当たり前だと思っている。むしろお金持ちが施しを与えないと、神の罰が下る。だから逆に、貰ったほうが威張っている。これを、イスラムの教えとして信じている。

 だから、いくら日本が中東の難民支援にお金を出しても、感謝されることはないし、それを求めてはいけない。与えるほうの自己満足だけである。 
 そのような世界では、貧乏人はいつまでも貧乏でいい。ない時に貰えるだけで幸せなのである(よく考えれば、お金持ちだってすべて自力で稼いだわけではない)。

                満腹笑顔

 それでは、「幸せの国」ブータンではどうか。
 いまこの国のテレビの普及率は80%を超え、インドなど近隣国の情報も入っている。経済交流も進み、お金持ちの外国人が頻繁に出入りするようになった。国内にもお金持ちが現れている。身近に富を感じるようになった。

 これまで「貧乏」しか知らなかったブータン国民は、どう感じるか。心理学者のフロイトは、「欲望は、手が届きそうになればなるほど強烈になる」と言っている。「他人からモノをもらうのが当たり前」でなく、ずうずうしくないブータン国である。経済発展が進めば、「不幸の国」に成り下がってしまうのではないか。

 経済発展は必ず格差をもたらすからである。格差は人を不幸にする。中国、韓国国民の日本攻撃は、中途半端な経済発展がもたらした歪みの一つであろう。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (518)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR