FC2ブログ
RSS

軽犯罪のニュース(27年3月15日)

 「犯人」を憎むより、つまらない「事件」を大袈裟にしてしまったメディアの「いじめ」が怖い

 ネットでヤフーのニュース版を見ていると、ときどきおかしな記事に出会う。

 まず、≪元日ハム投手が下着窃盗未遂・・≫と題して、
≪京都府警山科署は10日、窃盗未遂の疑いで、京都市山科区音羽沢町、元プロ野球選手中西有希人容疑者(37)を逮捕した。
 逮捕容疑は1月29日午前8時10分ごろ、隣家の会社員女性(56)宅の2階ベランダに干してあった下着を、自宅から釣りざおを使って盗もうとした疑い。 3月10日・京都新聞より≫

 つぎは≪授業でわいせつ画像 横浜の中学校で≫と題し、
≪横浜市教育委員会は11日、市立中学校の1年生の授業で40代の男性教諭がパソコン操作を誤り、約10秒間わいせつな画像がテレビ画面に映し出された、と発表した。
 市教委によると、男性教諭は10日の1限目の理科の授業で私物のパソコンを使用。宇宙に関するDVDを見せようとして操作を誤り、上半身裸や下着姿の女性の画像などが掲載されているインターネット画面が約10秒間、パソコンと接続したテレビに映し出された。
 教諭はすぐに生徒38人(男20、女18)に謝罪。その場では騒ぎにはならなかったが、授業終了後に「気持ち悪い画像だった」などと話す生徒もいたという。 3月11日・神奈川新聞より≫

 いずれも、「犯人」である元日ハム投手や、中学教師の行動を責めていると思われる。茶化してバカにしているのかもしれない。
 
 隣のベランダの下着を釣竿で盗もうとした前者は、たしかに軽犯罪ではある。それでも、コメディドラマか漫画の世界である。さらに、ほんとに盗もうとしたのかどうかさえ、はっきりしていない。

 後者に至っては、たかが「上半身裸や下着姿の女性」の画像ではないか。盗撮ならともかく、これがなぜいけないのか。
 中学生の「気持ち悪い画像だった」という言葉は、本音ではないであろう。ほんとにそう思うなら、かえって心配である。少子化にますます拍車がかかる(もっとも画像が、SMや老婆趣味だったら気持ち悪い)。

 いずれの場合も、とても「犯人」を憎む気にはなれない。むしろ、こんな「事件」を大袈裟にしてしまったメディアの暴力が怖い。これこそ、人間社会に潜む「いじめ」の根性である。

(追)
 昨日来、福大の特命准教授の「殺人」が、大事件としてニュースになっている。若い女性が亡くなっただけに、メディアやネット読者は興味津々で、あることないこと噂に花が咲いている。
 しかし、昔から福井で起こった事件を見ると、まともに解決したためしはない。川崎同様、福井の警察の能力も怪しい。それに、「事実は小説よりはるかに奇怪」である。眉に唾をつけて、報道に接したほうがいい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :