FC2ブログ
RSS

経営についての格言(12月25日)

 矛盾をはらんだ格言をどう活かすかは、歴史の蓄積が生み出す「道徳律」である

 商工会議所から貰った来年用のカレンダーに、渋沢栄一の「経営に効く言葉」というのがあった。これは、その中のひとつである。

 【すべて世の中のことは、もうこれで満足だという時には、すなわち衰える時である。】

 たしかに、人は常に先を見越して進歩していかなければ、衰退する。経営目標管理などで、このことは嫌というほど聞かされる。

 一方、つぎのような格言も、よく聞く。

 【足るを知る】 である。

 京セラの稲盛和夫氏がよく使う言葉である。
 「人間は、もうそんなに強欲にならなくてもよいのではないか。欲望にも節度が要るのではないか」ということである。満足することを知っている者は、貧しくても幸せであり、満足することを知らない者は、いくら金があっても不幸である。
 この言葉にも共感する。

 しかしこの言葉と、先の渋沢栄一の言葉は、明らかに矛盾する。「足るを知ったら」、あとは衰退しかないのではないか。

 さらに、この言葉を弱い立場の人間が信条としてしまうと、結果的に強い立場の者ばかりが利益を得てしまう。つまり一般庶民や、貧しい人たちのなかに「足るを知る」人が増えていけばいくほど、「持てる者」の立場が安泰になっていく。
 なぜなら、「あいつばかり恵まれるのは許せない」という、庶民の嫉妬心や向上心を緩和してくれる役割を、この教えは果たしてくれるからである。

 したがって、これらの言葉の使い方のバランスが難しい。これも、歴史の蓄積による「道徳律」を身に着けるしかない。使い方を誤ると、逆効果になる。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR