FC2ブログ
RSS

憲法解釈と改正にむけて(12月20日)

 こんな神学論争や小田原評定のようなことを、行っている暇があるのだろうか

 18日のフジテレビプライムニュースでは、石川健治氏(東大教授)、小林節氏(慶大学名誉教授 弁護士)、百地章氏(日大教授)をゲストに、憲法改正や集団的自衛権の解釈について議論を行っていた。おおむね石川氏は憲法改正慎重派、百地氏は積極派、小林氏は中間と、3者3様の特徴が出た番組であった。

 そのなかで石川氏の議論は、典型的な法学者らしく現実離れしており、これまでの学者や専門家に対する私のイメージそのままであった。

 すなわち学者は、つぎの2つの性質をもっている。

①簡単なことをわざと複雑にして、人を煙に巻いて悦に入る
②自分の専門分野を大切にしないと、さも大変なことのように言う

 石川氏は提言で、「ものごとは重層的に考えよ」と述べている。
 たとえば集団的自衛権について、「権利はあるが行使しない」という、これまでの内閣の解釈を、一内閣が簡単にひっくり返すのは問題だという。つまり、「行使しない」という、自らを縛るような解釈を行った場合、それを変更するのは相当の理由がなければならないそうだ。
 だが自らを縛るということなら、「・・しない」も「・・する」も、まったく同じである。何かをしたら、何かをしないことになるからである。「行使しない」も「行使する」も、利害相手が異なるだけで、同じ約束である。いったいその重みに何の違いがあるのか。

 また、憲法変更にかかわるルールも、ベースにあるルールは絶対に変えるべきでなく、それが侵されると、自由が侵される、世の中がひっくり返るという。その一つが立憲主義(憲法は政府を縛るもの)だそうだ。
 だがそのルール・土俵は、石川氏が独断で設定しただけではないか。少なくとも国民は、そんなことを考えて政治家を選んではいない。

 学者だけに言葉は明瞭で、部分的にはそれらしいのだが、全体として何を言いたいのかさっぱりわからない。この番組では、このような抽象的な話で終わってしまい、集団的自衛権の必要性や運用法などの具体論は、ほとんど聞かれなかった。

 それにしても、こんな神学論争や小田原評定のようなことを、行っている暇があるのだろうか。さすが、雲の上に鎮座する東大法学部の学者である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (518)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR