FC2ブログ
RSS

3人のノーベル賞学者(10月8日)

 成果が見込めない研究に、給与と研究費を支給し、中村氏のような人を何年も使っていた、日亜化学工業こそノーベル賞にふさわしい

 2014年度のノーベル物理学賞に、青色発光ダイオードを開発した、日本の3名の学者が選ばれた。メディアは昨晩から、そのニュースでもちきりである。
 このテレビのインタビューなどを通し、3人3様の異なった性格が明らかになった。
 以下もちろん、私個人の印象である。

 赤崎勇名城大教授(85)は、謙虚でモノ静か、典型的な学者タイプである。口数も少ない。安倍首相からのお祝いの電話にも、「ありがとうございます」としか言わなかった。
 偉大な業績を上げても、このように謙虚な人は、日本人に好かれる。ただ3人の中で、一番余命が少ないのが残念である。

 自由奔放なのが、天野浩名古屋大教授(54)である。破天荒な性格で、いわゆる学者タイプではない。いつもどこへ飛び出すかわからないという。
 ノーベル賞が決まったときも、彼は行方不明であった。欧州旅行中だということであるが、自分がノーベル賞に決まったことも、知らないのではないか。

 さて、中村修二米カリフォルニア大教授(60)である。まさに「オレがオレが」のタイプだ。「LED技術は100年に一度の大発明」、「自由がない日本で、これだけのことをした」、「日亜化学で発明しても2万円もらっただけ」、「200億円訴訟」など、挑発的な言動を繰り返す。
 その鬼瓦のような風貌とやっかみもあって、日本では中村氏のような人は毛嫌いされる。
 むしろ成果が見込めない研究に、給与と研究費を支給し、中村氏のような人を何年も我慢して使っていた、日亜化学工業(先代社長か)にこそ、ノーベル賞を与えてもいい。

 このように、いろんなタイプの人がそれぞれ、基礎研究から技術開発、製品開発を行っていたのだということがわかって、興味深かった。
 ただ、物理学賞は喜ばしいが、9条のノーベル平和賞だけはまっぴらである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR