FC2ブログ
RSS

看護師が患者に暴行(9月29日)

 被介護者のわがままは、私ならとても我慢できない。1日でも耐えられる人はすごい

≪岩沼市の総合南東北病院(松島忠夫院長)で、30代の女性看護師が入院患者に暴行していたことが25日、分かった。現場にいた目撃者によると、看護師は患者に対して「早く死ね」などの暴言も吐いたという。病院は患者の家族らに謝罪し、看護師を停職3日間の懲戒処分にした。 9月26日河北新報より≫

 職員が患者に暴行を受けても誰も見向きもしない。しかしこのように、患者を虐待すると大々的に報道される。

 私自身は、直接介護したことはない。それでも、介護の施設や病院などで、被介護者のわがままな言動を見たことがある。とくに認知症気味の患者は、自分の言ったことを覚えていないから、妄言、暴言、暴力、何でもアリである。汚物をぶつけることもある。
 70過ぎの「高齢者」になると、施設に入っていない人も、同じようなことをする人は増える。

 私はとても我慢できない。無視するか、ベルトと猿ぐつわで押さえつける。1日でも耐えられる人はすごい。尊敬する。
 今回この報道を発したメディアは、この件についてどのような事情聴取をしたのであろうか。放っておいたら、看護師が殺されていたかもしれない。

 そもそも件の看護師は、こんなすごいことをする職業に、向いていなかった。テレビ局の女子アナにでもなればよかったのだ。せいぜい、みのもんたに尻を触られるぐらいで済む。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :