FC2ブログ
RSS

禁煙と健康(7月31日)

 人間の寿命は50年あればいい。それ以上生きようと思うから、地球環境が悪化し社会が混乱する

 私はこの数年前から、メタボや高血圧、高脂血症に高尿酸値、肝機能異常など、典型的な不健康成人と化してしまった。このことは、本ブログで何回も嘆いている。
 ただ、この不健康体に至った大きな原因は、間違いなく「禁煙」である。

 8年前にタバコをやめた。そこから急激に体重が増え始め、8キロ太った。1年に1キロづつ増えている。並行して血圧も高くなり、あらゆる部位に軋みが出ている。
 煙草は100害あって1利なしと言われるが、本当に1利もないのだろうか。

 喫煙者と禁煙者の余命を比べると、喫煙者のほうが長い。数字の上ではそうなる。不健康な人や入退院を繰り返している人は、そもそもタバコなど吸えないからである。
 統計学上の矛盾だが、そればかりではないはずだ。

 まずタバコはおいしい。喫煙者にとって、こんなうまいものはない。度を越せば気持ち悪くなるのは、どんな高級料理でも同じである。楽しみを多く持った方が、幸せである。

 つぎに、煙草とアルコールは人間の潜在能力を引き出す。科学の進歩や独創的な芸術は、喫煙によってなされる。
 また、身体に良くないものは煙草だけではない。精神的ストレスはその際たるもので、こちらの方が厄介である。喫煙がそれを和らげる。最近の研究では、喫煙はボケ防止になるとも言う。

 もし、喫煙が寿命を縮めるとしても、それでいいと思う。煙草で医療費負担が膨大になると言うのは嘘である。人は、必ずいつか何かの病気で死ぬ。

 喫煙で病死しないなら、老害の結果、末期医療で目の玉の飛び出る医療費を払う。若くして喫煙の害で死ぬより、このほうがはるかに問題だ。人間の寿命はせいぜい50年あればいい。私はもう生きすぎた。つかえさえなくなれば、思い残すことはない。それ以上生きようと思うから、地球環境が悪化し社会が混乱する。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :