FC2ブログ
RSS

補助金の採択(7月29日)

 産業界の設備投資を促進させ、景気を拡大させるためには、赤字企業に対してのテコ入れこそが必要である

 先月、25年度補正新ものづくり補助金1次公募2次締切分の採択企業が発表された。応募企業の40%近くが採択されたという。
 その採択基準はどのようなものか。

 肝心の申請内容は、一部を除いて優劣をつけるのが困難である。企業の置かれている状況がわからないからだ。ましてや、部外者の審査員に判断できるはずがない。
 客観的に判断しようとすると、申請書の「書き方」、それに財務内容しかない。

 そのため、これまで補助金が採択された企業には2つの傾向があった。見るのが嫌になるくらい長々とした申請文が作成してあって、財務内容が健全な企業である。
 逆に申請書が簡潔すぎるもの、あるいは財務内容が悪い企業は、たいてい不採択になっている(ような気がする)。

 もちろんこんな採択基準は、大きな間違いである。

 まず、申請書が簡潔に期してあったほうが、審査員にとっても申請企業にとってもわかりやすい。わかりやすければ、計画を実現しやすい。長々と書いてあっても、内容が伴わなければ意味がない。
 長々とわかりにくい申請文が採択されやすいのは、誰も理解できないからである。

 つぎに、大方の黒字企業(とくに中堅)は補助金の採択如何にかかわらず設備を購入する。赤字企業は、不採択になってまで設備を購入しない。
 すなわち産業界が、設備投資を活発化に行い、景気を拡大させるためには、この赤字企業に対してのテコ入れが大切なのである。そうでなければ、ものづくり補助金の効果が半減する。赤字でも補助金を獲得してまで設備投資を行おうとする企業は、意欲的な企業である。

 したがって、赤字や債務超過の企業がだめなら、最初から要件に示すべきである。
 単に決算書類だけを見て、財務内容が悪いから事業の継続性に問題がある、と判断したのなら、審査レベルに問題がある。

 文書審査だけで、多額の補助金を支給するのは、もうこれきりにしたい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR