FC2ブログ
RSS

個人情報はそんなに大切か(7月18日)

 無理に個人情報を守ろうとすれば、独自に情報を集めることのできる事業者が肥るだけでなく、人と人とのコミュニュティを削ぐことになる

 通信教育大手ベネッセホールディングスの情報漏えいが問題になっている。進研ゼミなどの顧客情報、最大で約2070万件が流出した可能性があるという。これを受けて、ベネッセは、200億円を用意し、謝罪に対応する考えを示した。

 2005年個人情報保護法の施行以来、このような情報漏えいが、事件として取り上げられることが多くなった。それ以前は、よほどのことがない限り問題とはならなかった。おそらく今でも、発覚した何倍もの個人情報が漏れているに違いない。たいていの場合実害がなく、漏れても気が付かないからだ。
 ベネッセの事件でも、だれがどんな被害を受けたのか?

 問題は、情報漏えいの中身である。組織としての情報や、銀行パスワードのような直接金銭に結びつくものは別である。単なる個人情報(住所、名前、年齢、経歴、血液型など)が漏れたとしても、私はほとんど困らない。いろんな団体、中学、高校、大学の名簿など、ダダ漏れである。
 困るとすれば、迷惑メールが増えたことぐらいか。怪しげな店へ夜な夜な通っているとか、頻繁にアダルトビデオを買っている人は、困るかもしれない。

 これらも恥ずかしいだけである。DVで別れた夫が、無理やり探し出すなどというのは、ほんの一部であろう(一部でないのなら、そのほうが問題である)。
 グーグルなどIT業者は、世界中のネットを扱う人の個人情報を、それこそ詳細に把握しているという。あらぬ画像や動画を閲覧している人は、気を付けたほうがいい(もう遅いけど・・)。大会社の内部で流通しているのなら、漏れているのと同じではないか。それに情報などは、絶対に漏れると思ったほうがいい。

 したがって、こんなものに神経質になる必要はない。
 漏れても困らなければいいのである。絶対になくならない「いじめ」をなくそうとするより、「いじめ」を苦にしなければいいのと同じことである。

 そして、無理に個人情報を守ろうとするほど、独自に情報を集めることのできる事業者を肥らせるだけである。何よりも、人と人とのコミュニュティがなくなってしまうのが怖い。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (518)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR