FC2ブログ
RSS

マキャベリ君主論より(7月17日)

 リーダーが望むのは、一部を犠牲にしても、大多数が幸福になることである
                     ただ凡人がこのまま実行するのはむずかしい


 マキャベリは、16世紀イタリアの官僚であった。あの大乱世の時代、「帝王としての考え方」を様々な角度から著述した、彼の本が「君主論」である。一貫したテーマは、非情の論理であるが、リーダーシップや国家のあり方などについて、重要なヒントが数多く述べられている。
 ここには、きれいごとは一切書かれていない。リーダーが望むのは、一部が犠牲になっても、現実に多くの人々が幸福になることだからである。

 その中に、耳の痛い言葉がある。
 「自らの安全を自らの力で守らない国は、独立と平和を維持することはできない」すなわち、「実力を持たない名声などあてにならない」という。 これは、わが「平和ボケ」日本にピタリ当てはまる。

  そのほかにも山ほどあって、簡単には咀嚼できない。

 「君主は慎重であるより、果敢であるべきだ」
 「君主は必ず悪評が立つと覚悟しておかなければならない」
 「無能な側近を選んだ君主は力量を疑われる」 
 「側近の意見に振り回される君主は評判を落とす」
 「歴史は君主にとって師匠である」
 「中立を保つことは有効な手段ではない」
 「やった後で後悔するほうが、やらないで後悔するよりはるかにましである」 
  ・・・というのはわかる。 しかし、

 「他者を強くした原因を作った者は、必ず自滅する」
 「ひとたび締結した条約を撤回しても非難の対象にはならない」
 「権力者の間では、法律や契約書は信義を守る役には立たない」
 「結果さえよければ、どんな手段でも正当化される」
 「偉大なことをしたいと考えるなら、権謀術数を習得せよ」
 「裏切りや悪行はいちどだけなら許される」
 「憎まれ役は側近に背負わせろ」
 「民衆は頭をなでるか消し去ってしまうか、そのどちらかにしなければならない」  
   ・・は、凡人がこのまま実行したら、とんでもない目に合う。

  一見矛盾と感じるようなのも見かける。

 「君主は愛されるよりも、恐れられる存在になるべきだ」
 「君主は軽蔑されたり見くびられたりしてはいけない」
   ・・と、恐ろしいことを言ったかと思うと。

 「弾圧によって人々を恐怖に陥れることは国家にとって危険である」
 「人を屈服させるためには、暴力より温情に訴えたほうがいい場合がある」  
   ・・とも言っている。

  結局なにごとも、「ものはほどほどにしろ」といっているのであろう。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR