FC2ブログ
RSS

汚染水防止凍土壁(7月1日)

 他人の間違いに非難・批判ばかりする人は、この世にいてはいけない

≪東京電力福島第1原発の汚染水問題で、2号機タービン建屋から海側のトレンチ(地下道)へ流れ込む汚染水をせき止める「氷の壁」が2カ月近くたっても十分に凍結していないことが28日、分かった。6月29日産経新聞YAHOOニュースより≫

 このニュースは、取り立てて驚くことではない。もしうまくいったのなら、日本がワールドカップサッカーで優勝するぐらいの奇跡、快挙だと思っていた。
 そもそもまったく新しい技術が、ぶっつけ本番でうまくいくことなどありえない。失敗を積み重ねてこそ、大きな成功が得られる。そして日本には、この上ない原発処理のノウハウが蓄積される。

 それなのに、世間は冷たい。周りから罵声を浴びせるだけである。

≪凍土壁なんて、机上の空論だろ?これにまた、電気をどれだけ使うんだ?建設費用と維持費のムダ遣いだろ。≫
≪320億の国費。。。  東電はわかってるのかね≫
≪汚染水処理が、新しい既得権益になっている!≫
≪施設が壊れたときにどうするのか、今回の場合、対策を何も考えていないことがよくわかる。これで、原子力を動かそうとしていること自体、最悪だ。≫
≪こんなんばっかりだな。≫

 320億だろうが10兆円だろうが、かまわない。生活保護費や年金を半分に減らしてでも、対策費に使うべきである。これはすべて、働く国民ひとりひとりのお金になる
 これが「既得権益」だというのなら、「既得権益」はすべてに発生する。むしろ、反原発者の既得権益ほど凄まじいものはない。「反原発」のインチキ本がどれだけ出ていることか。

 「他人の間違いに対し」非難・批判ばかりで何もしない人は、5段階評価の最低ランク「いてはいけない人」である。

(もっとも、多少の「汚染水」が流出したところで、大したことはない。海は広くて大きい。)
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :