FC2ブログ
RSS

最高の食べ物(6月8日)

 どんなに高級料理より、「空腹」と「健康」が一番のご馳走である

 一番好きな食べ物は、「たくあん」である。もちろん、どんな「たくあん」でもいいわけではない。徹底的に干されて漬けあげられ、梅干のような皴で、ほのかな糠の香と甘みがあって、塩辛さは中くらい。かむと、コリしゃきとした歯ごたえがたまらない。
 10歳ごろ、母の実家で食べさせてもらった。

 あれから50年。年取って、「ごちそう」を食べる機会が増えた。カロリー豊富で、短命化に貢献してくれる。たいていうまいものは、体に悪い。

 それでも、宴席での「ごちそう」は、あまりおいしいとは思わない。「再高級」フランス料理や会席料理でもそうだ(もっとも、私の「最高級」は知れているが)。あの「たくあん」以上に、おいしい食べ物に巡り合ったことはない。空腹を感じることがないからだし、食べ物より先に酒が入ってしまうから、なおさらだ。
                                最高級ごちそう
 一方20代のころ、ほとんど食料を持たずに、夜行日帰り登山を強行したことがあった。岩場で時間を取られ、疲労と空腹のなか、稜線小屋に着いたのが深夜10時。あのとき貰った1本のソーセージは、1億円出しても惜しくないと思った(1億円など、逆立ちしても出るわけないが)。
  
 どんなに高級料理より、「空腹」そして「健康」が一番のご馳走である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :