FC2ブログ
RSS

大飯原発差し止め判決(5月22日)

 政府は、こんな判決に惑わされることなく、原発の運転と増設を進めるべきである

 昨日の大飯原発差し止め判決には驚愕し、しばらく怒りが治まらなかった。無知自分勝手な一般国民はともかく、知的レベルが高いと思われていた裁判官でさえ、この程度だったのである。そして、この程度の「たかが」裁判官が、日本の根幹を揺るがす、重大な判断をすることなど、あってはならない。

 いつも言うように、「専門家」は、自分の専門分野にこだわったあげく、ものごとの本質を捻じ曲げてしまう。とくに、裁判官はその傾向が強いとは思っていたが、まさかここまでとは・・・
 マスコミと国民だけでなく、裁判官まで乱心してしまった。

 とにかく、こんなおかしな裁判官の独断で、日本が潰れるのを黙ってみているわけにはいかない。

 幸い良識ある人々によって、判決の不合理さは指摘されている。また、菅房長官も、原発の再稼働を進めるという従来の政府方針について「全く変わりません」と述べている。
 政府は、こんな判決に惑わされることなく、原発の運転と増設を早急に進めなければならない。同時に、裁判制度の根本的な見直しも必要である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :