FC2ブログ
RSS

鼻血の美味しんぼ(5月8日)

 こんな不安をネタにした商売が、許されるはずがない。影響力の大きさから、オウム真理教より悪質である

 週刊ビックコミックスピリッツに連載されている「美味しんぼ」が、物議を醸している。福島の放射線によって鼻血が出たかのような描写を強調しているからである。
 漫画では、あたかも福島で健康被害が続発しているかのような印象を持つ。これでは風評被害の拡大は、必至である。そのため、多くの読者から抗議の声が上がっている。地元福島県双葉町も7日、発行元の小学館に抗議文を送付した

 これに対し「美味しんぼ」原作者の雁屋哲氏は、ブログで次のように述べている。

≪私は鼻血について書く時に、当然ある程度の反発は折り込み済みだったが、ここまで騒ぎになるとは思わなかった。
で、ここで、私は批判している人たちに反論するべきなのだが、「美味しんぼ」福島篇は、まだ、その23,その24と続く。
その23、特にその24ではもっとはっきりとしたことを言っているので、鼻血ごときで騒いでいる人たちは、発狂するかも知れない。
今まで私に好意的だった人も、背を向けるかも知れない。
私は自分が福島を2年かけて取材をして、しっかりとすくい取った真実をありのままに書くことがどうして批判されなければならないのか分からない。
真実には目をつぶり、誰かさんたちに都合の良い嘘を書けというのだろうか。
  ―中略―
本格的な反論は、その24が、発行されてからにする。≫

 前にも書いたが、危険を煽る人たちは、それだけで金儲けができる。不安をネタにした商売ほど儲かるものはないからだ。この場合も、結論を「その23」、「その24」、に先送りし、読者の購買行動を促している。
 このような不安を煽る商売が、許されるはずがない。何もなくとも、これだけで健康被害が発生する。しかも取材の相手が、胡散臭くて首になった元町長だというから、あきれる。

 これは、その影響力の大きさから、統一教会かオウム真理教並みの悪行である。この漫画を擁護している人々やブログも、同じ穴のムジナである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :