FC2ブログ
RSS

健康診断(4月25日)

 仙人みたいな生活をするくらいなら、健康診断など受けなくてもいいのではないか

 昨日、年に一度の健康診断を受けた。血液検査とレントゲン、胃カメラという約2時間のコースである。毎回、胃カメラの検査だけは、辟易する。直系8㍉スコープの太さは、10年以上前から同じ。それを無理やり喉から突っ込み、胃壁に青い検査液をばらまきながら、ひねくり回す。もしかしたら、誰かの肛門の奥を訪問したかもしれないものである。5分程度だと思うが、何とも言えないおぞましい時間だ。幸い今年は、胃壁を切り取られることはなかった。昨年までは、必ず生検のためちょん切られてきた。スコープはもっと細くできるはず。でなければ、来年から胃カメラは遠慮したい。

 そして、今年もまた一段と異常が増えた。もともと、前立腺肥大(癌?)、通風、メタボ、喘息・肺形状異変、動脈異常、全身白癬、胃糜爛、狭心症、腱鞘炎、肝機能低下、腰痛、皮膚掻痒症、高血糖・高コレステロール・高中性脂肪、大腸狭窄、頭髪減少、短章、ED、アルコール依存、水虫、痔、高眼圧、歯槽膿漏、歯肉炎、虫歯、入れ歯、言語障害、記憶喪失・・の病気や異常は自覚していた。今度の検査ではそれらに加え、血圧が異常値をオーバーし、肝機能の数値も悪化している。加齢のため、乾燥肌による皮膚の荒れもひどくなった。中性脂肪、PSAなどの値は、どんどん悪化している。それにここ数年、身長が毎年2ミリづつ低くなっているのは、なぜだ??
 
 検査するたび病気が増える。もとより治療する気はないのだから当然である。これでは、胃カメラどころではない。これだけ異常があると、健康診断の意味がなくなってきたような気がする。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :