FC2ブログ
RSS

花の終わり(4月5日)

 今年の福井の桜満開日は、3日(木曜日)であった。ほんの1日、拝ませてもらっただけである。盛りが過ぎれば、あとは下るだけだ。しかも今年は、その日だけが晴れで、翌日からは冷たい雨風である。まともに桜を見る日がほとんどなかった。これで終わるのであろうか。

 来週(8~12日)に花見を予定していた人は、姥桜で我慢するしかない。腐りかけの肉は旨いが、桜の終わりは何とも汚らしい。

 もっとも、いつまでも咲いているよりは、さっさと散ったほうがいい。短い命だから貴重なのだ。もし、桜がだらだら1年中咲いていたら、これほど人々に愛されなかったであろう。  ・・もちろん人間も。

.....桜通りH26.4.5撮影.......福井城址天守台跡しだれ桜H26.4.5撮影

.....福井城址天守台跡しだれ桜H26.4.5撮影.......福井城址天守台跡花見ポイントH26.4.5撮影

 さて、今日午後は、まだ大丈夫だった。

 晴れてきたので、さくら通りと福井城址天守台跡をぐるり回って、散り初めの桜を見学。まだ姥桜にはなっていない。なんといっても、さくらの色は、人をわくわくさせる。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :