FC2ブログ
RSS

愚者は経験に学ぶ(3月20日)

 相談者が若いか業界での経験が少ない場合、つい自分の経験を自慢してしまう

 経営コンサルタントとして、毎年200社以上の企業と接触している。基本的には、ヒアリング中心である。相談者に、「気づき」を得てもらいたいからである。しかし相談者が寡黙だと、こちらから一方的に発信してしまう。その場合、相談者がうなずいているので、満足したらいけない。
 ほとんどわかっていない場合が多い。

 そこで、つぎの格言を思い出す。

 【愚者は教えたがる】
 【賢者は聞きたがる】

 とくに、相談者が若いか業界での経験が少ない場合、つい自分の経験を自慢してしまいがちである。
 その場合、つぎの格言を思い起こすことにしている。

 【愚者は経験に学ぶ】
 【賢者は歴史に学ぶ】

関連記事
 5段階評価
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :