FC2ブログ
RSS

ご近所のゴミ対策(3月16日)

 日本中が困っており、いい方法を発明できれば、大きなビジネスになる

 ご多分に漏れずどの町内も、ゴミ集めでは苦労している。私の町内では、4つの収集箇所で家庭ごみを収集している。1か所は私の家の前にあり、いつもどっさりおかれる。ときどきカラスや野良犬が荒らして、散らばる。掃除が大変である。

 そこで最近、市内の各所で使われている折り畳み式の金籠を検討している。隣の町内でも使われており、具合がよさそうである。
 ただ、問題はある。
 まず朝早く、ごみを出す人が来る前に準備し、ゴミ収取車が去った後に折りたたんでおかなければならない。いったい誰がやるのか。それをどこに置くのか。また、銘盤を入れると1台10万円ほどする。補助金が出るらしいが、後が厄介であるから利用したくない。
 そして最大の問題は、大雪対策である。除雪車が通ったら、あっという間に壊される。壊されないまでも、雪の下で行方不明になる。

 一冬持たないのなら、大枚はたいて設置する意味がない。他の町内ではどのように管理するか見ることにしたところ、この冬はほとんど積雪がなく、調べることができなかった。

 すっきりしたごみ対策の方法はないものかと思う。日本中が困っており、いい方法を発明できれば、大きなビジネスになる。現に、いまの折り畳み式金籠でさえ、市内では相当売れた。
 昔からの課題であるが、一番いいのはごみを出さないことである。これが問題だと思っていない人は、ごみ収集箇所の掃除をしたことがない人である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :