FC2ブログ
RSS

水危機は本当か(3月5日)

 水について、これまで漠然と思っていたことの多くは、まやかしであった

 「水危機本当の話(新潮選書)」を読んだ。著者の沖大幹氏(東大生産技術研究所教授)の講演を、聴いたことがある。いわゆるトンデモ理論に与することない、論理的な正統派学者である。
 この著作の中で、あらためて水に関しての薀蓄を得ることになった。これまでの常識を見直すような事柄が書かれており、面白かった。以下、いくつかの項目を挙げてみよう。

①水はなくならない
 当たり前であるが、地球上の水は循環している。雨が地下水となり、川を通って海に入り、蒸発したものが雨になる。水を利用するとは、水を汚すということである。
②4大文明は乾燥地帯にあった
 川の水さえ確保できれば、雨が少なく太陽のエネルギーが安定している砂漠地帯のほうが、農業に有利である。まさにその灌漑技術を持つ社会を、「文明」と呼ぶ。
③植樹は水不足に役立たない
 水があるところに木が生えるだけである。森林面積の増大が水を横取りしてしまい、黄河が断流したこともあるという。半乾燥地にわざわざ木を植えるのは、「美しい誤解」であって、百害あって一利なしである。
④食料は水である
 毎日2000キロカロリーを摂取している人は、2000リットルの水を使って作られた食料を食べている。
⑤水での大きな争いはなかった
 水問題が2国間の正式な戦争を引き起こしたことは一度もない。敵対的な行動をもたらすより、融和的な行動に至ったケースのほうが多いという。
⑥コメ、小麦、トウモロコシの生産効率(原単位)
 一定水量当たりの生産カロリーは、トウモロコシと小麦がほぼ同じで、コメの2倍もある。また、面積当たりの生産カロリーは、コメとトウモロコシがほぼ同じで、小麦の2倍である。つまりコメはたくさん水を使うし、小麦は広い土地が必要である。カロリー面では、トウモロコシが一番生産効率がいい作物である(昆吉則氏の試算では、日本の減反面積100万Hにトウモロコシを植えると、家畜飼料を輸入しなくていいそうだ)。
⑦外国人の水源地購入
 水はその価値に比べて、輸送コストがかかりすぎる。そのため、いくら外国人が水源地を購入しても、水を持って帰るわけにはいかない。環境影響さえ考慮すれば、むしろ開発してもらったほうがいい。

 すぐ身の回りにある「水」に関してさえ、私には今まで多くの誤解があった。それ以外の分野でも、多くの勘違いをしているのかもしれない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR