FC2ブログ
RSS

ビットコイン破たん(3月2日)

 結局、「世の中には、うまい話はない !!」

≪インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の世界的な取引サイト運営会社「マウントゴックス社」が28日、破綻した。直前の同社のレートでも114億円に相当する巨額の「カネ」が、ハッカーの攻撃であっという間に「盗み取られた」とするサイバー空間の強盗劇。コインを預けていた投資家は戸惑いを隠せず、法整備の必要性を訴える声も出ている。3月1日読売新聞より≫

 ビットコインには、発行権限を有し価値を担保する中央政府という「権力」はない。ビットコイン採掘管理ソフトの存在により、流通量が自動調整され、埋蔵量にも限界が設定されている。その価値は、需要と供給の関係によって決定される。金市場と同じようなものだと言われる。
                                     猫に小判 
  ここで、「通貨とは何か」と改めて思う。我々が大切にしている「1万円札」にしても、それ自身に価値があるわけではない。政府権力による信用だけである。地域通貨や商品券も流通するが、これらは、「1万円札」より信用がない。だから、1000円の商品券は900円でしか売れない。
 ところが、ある商品券でしか購入できない特殊なもの(サービス)があったとしたらどうか。その1000円の商品券が1万円で売れる。
 通貨の不思議なところである。

 そもそもお金は、それが世の中に新たな価値をもたらすところに存在価値がある。投資は、起業家を育てるためである。正直言って、ビットコインがどういう仕組みなのかよくわからないが、このお金の本来の目的に合ったものではなさそうだ。
 ビットコイン投資といっても、単に儲けるためだけの投資である。そんなものが持続的に成り立つはずがない。完全に規制を外された金融業以上に危うい。

 いつも言うように、
 「世の中に、うまい話はない」 のである。
 
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :