FC2ブログ
RSS

チクリ記事、告げ口記事(2月22日)

 今回は傷つく人がいるだけに、悪ふざけツイッター事件より悪質である

 ≪2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相は20日の福岡市での「毎日・世論フォーラム」の講演で、フィギュアスケート女子の浅田真央選手のショートプログラムでの演技について「頑張れと思って見てたら、見事にひっくり返ってしまった。あの子、大事な時には必ず転ぶんですよね。何でなんだろうなあ」と述べた。2月20日朝日新聞デジタルより≫

 これは森氏の発言より、それを取り上げたマスコミのほうが悪い。森氏の発言内容は、多くの人の心情を正直に述べたものであるし、選手を慮ってのことだと思う。きつく当るが、そんな発言はいたるところで聞く。

 ただこのような発言は、選手本人には絶対聞かせるべきではない。きわめてデリケートなときである。それをあえて拡散してしまったマスコミこそ、まったく思いやりがない。「知る権利」の乱用である。チクリや告げ口以外の何物でもない。わざと拡散し、すべての人を傷つけようとする。
 世の中には、知らないほうがいいことが多い。こんなことが起こるなら、「知る権利」などいらない。

 何でも報道すればいいと思ったら、大間違いである。
 今回は傷つく人がいるだけに、昨年大騒ぎになった悪ふざけツイッター事件より、100倍以上悪質だ。メディアの劣悪さは、目を覆わんばかりである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :