FC2ブログ
RSS

靖国参拝評価のマスコミ影響(12月30日)

 TVだけでしか情報を受け取っていない高齢者は、騙されやすい。しかし、「敗戦責任」を棚に上げ、中・韓に迎合するのはやめてほしい

 今回、安倍総理の靖国参拝をうけ、YHOOでは次のような意識調査を行っている。

『安倍首相は政権1年を迎えた26日の午前靖国神社に参拝。現職の首相が靖国神社に参拝するのは、小泉首相以来7年ぶりですが、あなたはこの靖国神社参拝を妥当だと思いますか?』

 この質問に対し、本日(30日)12:00の時点で、39.3万票のうち、賛成が77.3%であった。
 ただ、26日の参拝直後は、賛成票が85%以上あったはずだ。見るたびに、少しつづ反対票が増えている。いつの間にか、賛成票が10ポイント近く減少している。

 明らかにこれは、マスコミの影響である。
 26日の参拝後、ほとんどすべての新聞・TVが批判的な言説を加えていた。ニュースや報道番組のたび、海外からの批判や懸念声明を繰り返し、あるいは増幅させ、日本国民を委縮させようとしている。
 中国・韓国はともかく、米国からの「失望」声明は、少なからぬ日本人に影響を与えたであろう。いかにも日本が世界中から孤立するかのような、マスコミの演出はみごとである。
 マスコミは、その「放火魔」ぶりを、如何なく発揮しているともいえる。

 ヤフーの投票は1回きりである。したがって、最初「妥当」票を入れた人が、その後マスコミ影響を受けたことを考慮すると、現時点で実際の参拝支持率は、70%ぐらいとなろう。
 この先、マスコミがこのような報道を繰り返せば、まだ減少する可能性はある。

 とくにTVだけでしか情報を受け取っていない高齢者は、騙されやすい。現に、安倍総理の靖国参拝を批判するなかで、90歳以上の高齢者が少なからずいたのには、びっくりした。

 そもそも、今の世代がこの問題で苦しんでいるのは、先の大戦で負けたからである。今90歳以上の連中には、その責任がある。その「敗戦責任」を棚に上げ、「戦争を知らない政治家」だの、「安倍総理は危ない」など、どの面下げて言えるのか。
 厚顔無恥とは、まさしくこのことである。

 書いているうち興奮し、つい言葉が荒くなってしまった。

 関連記事
 http://abegorou.blog.fc2.com/blog-entry-458.html
 http://abegorou.blog.fc2.com/blog-entry-457.html
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR