FC2ブログ
RSS

遺伝子特許(知財の罠)(12月10日)

 特許による独占が、巨大企業を太らせ、貧富の差をますます拡大させている

 アメリカのバイオメジャーと呼ばれる巨大企業を中心に、遺伝子組み換え食品が世界に広がっている。アメリカ農務省によると、2012年のアメリカで遺伝子組み換えのトウモロコシ、大豆、綿花が、作付面積に占める割合は、それぞれ88%、93%、94%である。
 またたとえば、モンサント社は、世界のトウモロコシ種子市場の41%、大豆種子市場の25%、主な野菜種子市場の2~40%を占めているという。これら遺伝子組み換え作物の種は、「知的財産」として保護され、巨大企業による食糧生産コントロールが、世界規模で広まっている。

 これらの種は1代限り(F1種)である。そのため、農家が生産を続けるためには、この種を買い続けるしかない。さらに、「モンサントポリス」という組織をつくり、各地の農家に対して特許権侵害の摘発活動を進めているという。
 効果的な遺伝子組み換えの種を開発するには、膨大なコストがかかる。それを回収するためのビジネスモデルである。         
               I_Q009.gif
 しかし、このことによって世界中の農業が、一握りの巨大企業に牛耳られてしまった。種が独占され、価格が供給側で決められるようになる。そうなると、種を買えない農民は干上がってしまう。少数の大国に「農」が集中し、食料は完全な戦略物質と化す。

 同じように、医薬品、医療用具の世界でも、特許権を武器に熾烈な淘汰争いが続いている。まさに、1%に99%の富が集中する世界である。
 特許による独占が、貧富の差をますます拡大させている。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR