FC2ブログ
RSS

石破幹事長のブログ発言(12月2日)

 記事に書かれている「批判が集まりそうだ」という言葉は、確実に放火である

≪自民党の石破茂幹事長は11月29日付の自身のブログで、特定秘密保護法案に反対する市民のデモについて「単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます」と指摘した。表現の自由に基づく街頭での市民の主張をテロと同一視したことに批判が集まりそうだ。  29日朝日新聞デジタルより≫

 いったい、どういう「批判」が集まるのであろう。記事に書かれている「批判が集まりそうだ」という語尾ほど、恐ろしいものはない。この言葉は、確実に放火である。案の定、ネットでは批判の嵐である。

 程度にもよるが、大音量でのゴリ押しは、暴力行為そのものである。批判する人たちは、よっぽど耳の遠い人たちなのであろう。右翼だろうが左翼だろうが、「大音量」での主張は、絶対やめて欲しい。「大音量」は、聞きたくない人にまで圧力をかける。気の小さな私は、精神障害を起こしそうだ。主張はいいが、静かにやってくれ。

 ちなみに、石破茂幹事長のブログの内容は、最初以下のとおりであった(後日一部書き換えた)。「大音量」でのデモにくらべ、はるかに穏やかである。いったい何が問題なのか。

≪今も議員会館の外では「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶ大音量が鳴り響いています。いかなる勢力なのか知る由もありませんが、左右どのような主張であっても、ただひたすら己の主張を絶叫し、多くの人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはないでしょう。
 主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます。≫
 
 今のマスコミは、政権与党の政策批判より、「失言」を炙り出すことに全精力をあげているように見える。数か月前の、麻生大臣のときもひどかった。無理やり大臣の発言をナチス励賛に結びつける。おかげで、国際社会での日本の立場はおかしくなってしまった。新聞さえ売れれば、世の中はどうなってもいいのである。
 
 与党政治家の、あらゆる行動を監視して、その言動をあげつらう。秘密警察と同じである。こんなことでしか紙面をつくれないようなマスコミは、存在価値がない。

(追)
 テレビ録画された国会周辺でのデモを見ていたら、ブタのような男が警官に向かって、「お前は安倍政権のイヌだ」とわめいていた。あれには笑えた。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :