FC2ブログ
RSS

地球温暖化(11月27日)

 CO2増加による地球温暖化は、避けられない。原発の再稼働を急ぐべきである

≪環境省は19日、日本の2012年度の温室効果ガス排出量(速報値)は13億4100万トンで、京都議定書の基準年である1990年比で6.3%増となったと発表した。議定書で「90年比6%減」が義務づけられている08~12年度の平均は1.4%増だが、森林による吸収分や排出量取引などの「京都メカニズム」分を差し引くと8.2%減で、義務達成が確実になったという。(20日 朝日新聞デジタルより)≫

 何かインチキ臭い。落語の「ときそば」を聞いているようだ。最初から分かっていたが、こんな数字は茶番である。

 ところで先日、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第5次報告書を受けての、講習会に参加した。講師は、沖大幹氏(東大生産技術研究所)である。
 最新のIPCC報告によると、気候システムの温暖化については、もう疑う余地がないそうだ。前回より、一層踏み込んでいる。世界中の学者90%以上が、根拠のあるデータと因果関係を示している。温暖化は間違いないと考えざるを得ない。
 さて、温暖化懐疑論急先鋒の武田邦彦氏は、どんな見解を出すであろうか。

 じつは私も、数年前までは武田氏に感化され、地球温暖化はウソだと思っていた。専門家が危機意識を煽り、自分の縄張りを拡張するための、屁理屈だと思っていた。武田氏は、定点観測温度の上昇は、都市化の影響であり、そもそも大気中のCO2増大は、原因ではなく、温暖化の結果であると論じていた。この論説は説得力がある。当たらずと言えども、遠からずだ。

 しかし、3.11後の武田氏の血迷った言動を見聞きするにつれ、この人の言うことはあてにならないと思うようになった。それまで、氏の論説の半分は信じていたのが、90%はインチキのような気がしてきた。
 やはり、CO2増加による地球温暖化は、避けられない。竜巻やスーパー台風などの異常気象は、ますます多発する。その元凶である化石燃料の消費、最大の消費である火力発電は、廃止しなければならない。

 関連記事
 http://abegorou.blog.fc2.com/blog-category-1.html
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :