FC2ブログ
RSS

「一票の格差」是正のメリット(11月21日)

 「一票の格差」是正で住民ゼロの地域をつくれば、そこでは国民全体の利益にかなった事業ができる

≪「一票の格差」が最大2.43倍だった昨年の衆院選は違憲だとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)は20日、区割りを「違憲状態」と判断した。選挙無効の請求は退けた。 11月20日産経MSNニュースより≫

 予想されたように、今回最高裁で、今の「一票の格差」は「違憲状態」であると判断された。日本らしい、玉虫色の判断である。それでもまだ、固定観念にとらわれている法曹界や多くの人々にとって、「一票の平等」は「悪平等」であることには、考えが及ばないのである。
 私は一貫して、1票の格差是正に反対してきた。(1票の平等は悪平等)

 しかし、私自身の思考も足りなかった。どんな盗人にも3分の理はある。よく考えてみると、「一票の格差」を是正することのメリットはあった。
 どういうことか。
 「一票の格差」を是正して、極端な過疎地をつくるのである。「一票の格差」是正で、都市部へ人と資源を集中させ、反対にまったく人の住まない過疎地をつくり上げる。人がいない地域は、住民の権利も無くなる。そこでは、国民全体の利益にかなった事業が展開できる。

 これまで我が国のほとんどの公共事業は、私権によって阻害されてきた。たとえば、廃棄物処分場や軍隊の基地などである。国全体では必要なのはわかっていても、そこに住む少数の住民が抵抗する。これらの予定地に、住民が一人でもいれば、事業を遂行するのに、甚大なコストがかかっていた。日本の公共事業が、世界一高コストである最大の理由である。

 もしその地域に、住民が一人もいなかったらどうか。事業を行うのに、地域住民に配慮する必要は、ほとんどない。現在、予定地を探して右往左往している、原発廃棄物最終処分場、沖縄の米軍基地移転先など、いくらでも予定地は見つかる。
 この、ゼロ住民の地域をつくるために、「一票の格差」是正が、必要なのである。一人1票の格差があっても都市部に人が集中する状況を利用し、その格差をなくして、さらに過疎地を拡大させる。尖閣諸島のような地域を、本土でも点在させていく。

 将来を見越した、息の長いみごとな戦略である。

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR