FC2ブログ
RSS

人の死に時(10月18日)

 災難に遭う時節には、災難に遭うのがいい。そして生きる権利は、長く生きてきた人ほど少ない

 先日、JR横浜線踏切で、40歳の女性が74歳の男性を助けようとして、電車にはねられ死亡するという事故があった。不運であり痛ましい(どうせ死ぬなら、自分もこのような死に方をしたいものである)。ただ74歳なら、そのまま死なせてあげたほうが良かったのではないか。口には出さないとしても、多くの人はそう思っている(とっさの人助けに、いちいち年齢を聞くのもおかしな話だが)。

 高齢者の自殺は多い。。
 あるTVの公開番組で、参加者の一人が「今の高齢者は早く死にたいと思っている」という意味のことを述べた。
 これを聞いた多くの人は、「老人に死にたいと思わせる社会に問題がある。」と考える。意見を述べた人も、そのつもりで言ったと思う。確かに、福祉分野など問題は多い。改善できるところは改善すべきである。 

 だが、現時点でできることがすべて直ったとしても、早く死にたいと思う人は必ずいる。じつは、「今の高齢者は早く死にたいと思っている」のは、まさに本音である。当事者でない周りの人が、「誰もが長生きしたい」などと思っているのは、とんでもない勘違いである。

 このことは、久坂部洋氏が、「日本人の死に時」の中で述べている。里見氏と同じ久坂部洋も臨床医だけに、多くの高齢患者と接してきて、真実を悟ったのであろう。彼は、「医療はこれまで、とにかく命を延ばせばいいという方針の裏で、言葉は悪いが『中途半端に助かってしまう人』を作り出してきた」と言っている。私もそう思う。

                      良寛様
 これに関して、粋人は達観している。
 たとえば良寛は、大地震に遭った知人に対し次のような見舞いの手紙を送っている。
 「災難に遭う時節には、災難に遭うがよく候。死ぬ時節には死ぬがよく候。・・是はこれ災難をのがるる妙法にて候。」
 すなわち、人知を超えた災害や死は、逃げようとすればするほど苦しむのである。

 また吉田兼好は、「徒然草7段」で、次のように言っている。
 「飽かず、惜しと思はば、千年を過すとも、一夜の夢の心地こそせめ。」
 つまり、「いつまでも飽き足らず惜しい惜しいと思っていたら、千年たっても一晩の夢のように短く感じるものだ」と言っている。「いい加減あきらめたらどうだ。」というのである。

 少なくとも「生きる権利」は、生まれたばかりの人より、さんざん生きてきた人のほうが少ない。長く生きてきたということは、そのぶん他の生物(人間も含む)を犠牲にしてきた、ということにほかならないからである。

 関連記事
 http://abegorou.blog.fc2.com/blog-entry-17.html
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
臨界都市の福井に住む
 酔狂じじいがしつこく吠える
         妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1034)
 原発、エネルギー (141)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (126)
 憲法、法律、選挙、裁判 (95)
 政治家、政策、政局 (239)
 インフラ、防災、環境、人口 (119)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1040)
 社会一般 (160)
 高齢化、医療、死生観 (254)
 格差、差別、弱者、女性 (97)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (47)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (111)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (507)
 中小企業施策 (74)
 経営革新、戦略、手法 (95)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (64)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (74)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (53)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR