FC2ブログ
RSS

2020年東京オリンピック決定(9月8日)

 決定の喜びは一時である。これから下がっていくテンションを、どう持続させていくかが問題である

 IOCは今朝、アルゼンチンのブエノスアイレスで総会で、2020年の第32回夏季オリンピックの開催都市に、東京を選んだ。大会競技は2020年7月24日から8月9日まで、開会式は改築予定の国立競技場で開催する。また同時に、パラリンピック大会の開催も東京に決まった。

 開催決定がTV中継されており、開催が決まったとき日本人関係者が大喜びをしているのを見て、なんだか嬉しくなった。何でもいいから、日本中が喜べるのはいいことである。そして、日本人が喜んだのは、(一部を除き)経済的見返りを期待してのことではないと思う。私自身も、5輪で金儲けができるわけでは決してない。単純に、5輪というお祭りを身近で開催することを嬉しがる人がいて、人が嬉しいと自分も嬉しくなる。その反射と連鎖の拡大作用である。

 今のところあまり目立っていないが、こういうときには、必ず水を差すようなひねくれモノが、少なからずいる(今、足を引っ張る材料を探しているに違いない)。また、喜びは一時である。これからテンションが下がっていく。それをどう持続させていくかが問題である。これこそが、マスコミの責任であろう。損得抜きでも、嬉しいことは長続きさせたいものである。

 それにしても、安倍総理は運が強い(それなりの努力は認めるが)。アベノミクスでの円安、株高も、金融政策の影響だけではないと言われる。一度失敗した人は、甦るとこんなに強くなれるのか。このような、運の強いリーダーを抱えた日本国民は幸せである。
 そして、東京オリンピックまで総理を続けるために、10月の消費税増税決定は、ぜひ延期してもらいたい。

【やっぱりあった・・・水をさすひねくれ記事】
 http://bylines.news.yahoo.co.jp/takedasatetsu/20130908-00027934/
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :