FC2ブログ
RSS

人類滅亡への備え(8月26日)

 最後の10年に向けて、日本人の遺伝子を残すことが、我々の使命である

 人類はまもなく滅亡する。これは紛れもない事実で、科学の常識なのだ。もっとも、「まもなく」が10年後なのか、1000年後なのかは、誰にもわからない。理論物理学者のホーキング博士は、銀河系に知的文明を持った惑星が200万存在し、すべて100年と持たず絶滅する、と言っている。そもそも人類の遺伝子は、あと10万年で毀損してしまい、子孫が残せなくなるという。

 40億年にわたる地球上の生物変遷からみると、人間の営みなどは、屁の突っ張りにもならない。今問題になっている(人間にとっての)環境、放射能汚染さえ微々たるものだ。地球にとっては、人類や生物がどうなろうと、知ったことではないのだ。

 今いる地球上の生物種は、どんどん絶滅している。わずかな変化も、そこにいる生物にとっては致命的である。6500万年前と2億5000万年前、地球上の生物種の80~90%がいっせいに消えてしまう大絶滅が起こった。だが、人間が農耕を始めてから2000年の絶滅スピードは、それより圧倒的に早い。しかも、加速している。

               白竜  H30.7.23

 人間を含めあらゆる生物は、他の生物を犠牲にすることでしか、生きられない。ある環境(生態系)のもとで、一つの種が増えていくと、他を犠牲にする割合も増えていく。したがって、必ず環境は変化する。人間も、周りの生物を駆逐し、環境を変えてきた。それを、我々は「環境汚染」と呼ぶ。そのスピードが、過去の大絶滅時より極端に早い。そうなると、他を駆逐してきた生物種(人間)も生存を脅かされる。

 身も蓋もない言い方をすれば、人間が増え続ける限り、環境破滅は避けようがない。
 では、人口を減らせばいいのか。今の1/1000までか? そうなのだが、現実はどこの国も人口を減らそうとしない。人口の少ない弱小国家は消されるか、搾取されるからだ。歴史を見ればわかる。そして、戦争や疫病による人口減少は、「人道」が許さない。放射能漏れでさえ、大騒ぎだ。

 かくして人類は、滅びへの道をまっしぐらに進む。その最後の10年に向けて国力を蓄え、いちばん最後まで日本人の遺伝子を残すことが、我々の使命なのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR