FC2ブログ
RSS

鹿児島県公費旅行と福井の新幹線(8月25日)

 福井新幹線が運営されるようになると、県内役所の旅行経費が跳ね上がる?

 鹿児島県が、県職員に対し、「海外研修」名目で3泊4日の上海旅行をプレゼントしている。すでにかなりの人数が利用したという。県は、中国東方航空と日本航空が共同運行する鹿児島-上海便を維持するためだと説明している。事業費1億強。その財源は、政府の求めに応じて削減する給与や手当1億3千万円を充当するそうなので、事実上の給与補填である。

 べつに研修が悪いわけではない。予算があり、どうしても必要なら行うべきであろう。しかし、地方における公務員の高給は、庶民の怨嗟の的である。そのような状態で、「李下に冠を正す」ようなことは、やるべきではない。
 そして、中国東方航空と日本航空が共同運行する鹿児島-上海便を維持するために行うなら、これはまったく、目的と手段を取り違えている。無理やり「海外研修」で維持しなければならないのなら、そのような路線は、無いほうがいい。資源の無駄遣いである。

 もっとも、同じようなことは、どの自治体でもやっている。役人や議員は、何かと「出張」が多い(何万円もの東京出張でも簡単に行く)。それに、たとえばわが福井県に延長が決まった北陸新幹線についても、同様なことが起きる可能性がある。もともと福井県民で、県内延長に賛同する人は少なかった。賛同したのは、高額な運賃を公費で負担できる官公庁、議員、中堅以上の企業経営者だけである。
 したがって、福井を通る新幹線が運営されるようになると、役所の「旅費、運賃」の費用が跳ね上がるのではないか。会計担当者は、目立たないように処理するだろうけどね。

 そして新幹線の場合は、路線を廃止しても、膨大な建造物が残ってしまうだけに、航空路線より厄介である。在来線を含めて、自律的に維持できる仕組みを、作っていかなければならない。知事をはじめとした県幹部に、それだけの経営能力があるかどうかが、大きな問題である。
 また、鹿児島県の職員研修のような、無理やり路線を維持するためだけの経費の使い方については、厳重に監視していく必要がある。

 ただ、北陸新幹線の福井延長については、決まったからには、もう反対はしない(反原発者のような、「反対のための反対」や卑劣な振る舞いには辟易するからだhttp://abegorou.blog.fc2.com/blog-entry-294.html)。難しいが、在来線との共存、県内の他の交通網との有機的な結合に、アイデアを出していきたい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (518)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR