FC2ブログ
RSS

世界を動かす技術志向(書評)

 システムとは、「ある目的を達成するために機能要素を適切に結び付けた複合体」

 システムについて書かれた本(木村英紀編著)である。
 システムはおもに、空間を制御するプロダクトシステムと、時間を制御するプロセスシステムに分けられる。

 プロセスシステムの多くは、ITつまりコンピュータ技術が絡んでいる。だが、システム=ITではない。むしろIT技術の限界によって、システムが制限されていた。実際、コンピュータを使った複雑なシステムが、機能した例はわずかである。つい最近では、日本のココア(新型コロナ接触アプリ)やマイナンバーシステム、ワクチン接種、みずほ銀行ATMなど、無残で痛ましい限りである。いろんな団体のアプリも、使い勝手の悪いものが多い。私の周りには使えないものが多く、最初からうまくいったものなどない。

 その原因として著書では、製作者のシステム志向の欠如を挙げている。ユーザーが使いやすいシステムというより、たいていプログラム技術者の作りやすいシステムになっているからである。

                酔っ払いお断り

 さらに最後の章では、なぜ日本のものづくりが遅れたのかを述べている。日本では、個々の要素技術はすぐれているのに、売れる「商品」としては負ける。たとえば、世界一のロボット技術を誇っていた日本が、アメリカの手術ロボットダヴィンチで後れを取っている。いっときもてはやされた「電子タグ」もパッとしない。

 つい最近では、欧米のワクチン開発の素早さも次元が違う。アメリカでは、数社が並行して開発し、時間のかかる治験の間も共同で生産体制を構築していた。利権まみれ日本の厚労省ができるであろうか。

 日本では、個々の技術を追求する一方で、具体的なシステムとしての開発、志向が疎かになってしまったからだと著者はいう。手術ロボットでは、全体のシステムつまり、医師のトレーニングや術式の標準化、内視鏡の動作ソフトなどのシステムの統合である。

               美人ロボット H27.10.9

 しかし日本の不調は、システム志向の遅れや国民性だけではないはずである。
 これまで、日本の技術がみごとに商品化された例はいくつもある。トヨタのHV(ハイブリッド)技術や、カードによる交通チケットは、日本独自の優れたシステムである。トヨタHVは、遊星歯車機構と電子制御を微妙に組み合わせることで、きわめて繊細なエネルギーマネジメントを達成している。都市部の交通チケットは、複雑な運賃体系を持つ各路線を鮮やかにまとめて自動化している。
 
 また日本の電力は、世界のどこより安定供給を行っている。偏見抜きに見れば、日本の巨大技術である原発運転は、すべての電力の中で最も安全である。
 さらにいまトヨタは、自動車やエネルギーを包括した、ウーブンシティを計画している。
 それでも日本企業は、うまく稼ぐことができない。いつも不安を抱えている。
 たとえばいま、次世代エネルギーの決め手となる全個体電池で、日本は世界の先頭を走っている。だが将来、この技術を活かせるかどうか、なんとも心もとない。

                雪隠詰め H30.6.16

 つまり日本が遅れた要因は、欧米主導によるルール変更のほうが大きいのではないか。いわゆる、スキージャンプルール変更疑惑である。スポーツどころか、プラザ合意では為替まで変えられ、その後日本は、経済低迷にあえいでいる。韓国のゴールポスト移動にも、いつも混乱させられる。

 さらに、日本のHV技術に恐れをなした欧米では、安易なEV車に大きく舵を切っている。省エネ市場において、現実的な高度技術であるHVを排除しようとしているのである。さらに、世界中の人々に恐怖心を与えることで、日本の原発技術を駆使した運転に、きわめて大きな制限が加わっている。福島の事故は、原発潰しに格好のきっかけを与えてしまった。

 そもそも、いま世界中で躍起になっている温暖化ガス削減活動こそ、製造業を強化しようとする途上国を縛る魂胆でないはずがない。欧米の世界支配思考と、われわれ有色人種の植民地根性を、みごとオブラートに包んだ代物である。
 このままでは、日本が貧乏になるばかりである。中国の侵略を跳ね返すこともできない。

 ではどうしたらいいか。
 日本が競争力を持ち、自らルールをつくるだけの力を持つことしかない。それこそ、最終兵器の管理を独占することである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR