FC2ブログ
RSS

エネルギーセミナ―3

 まともな未来をつくるには、人に嫌われる強力な政治の力が必要である

 第3回エネルギーセミナー「3.11から10年、これからのエネルギー政策について学ぶ」(福井県環境・エネルギー懇話会)を聴いた。竹内純子メイン講師は、「エネルギー基本計画の意義と展望」、立命館大の開沼博講師は、社会学の立場から「福島の現状とエネルギー政策への示唆」である。
 とくに後者は、マスコミが吹聴する、いわれなき「放射能怖い」から脱し、客観的な数字に基づいて、今後のエネルギーを考えている。

①エネルギー基本計画の意義と展望(竹内純子氏)
 2050年CO2排出ゼロに向けて、2030年のエネルギーをどうするかの計画を、今年つくらなければならない。
 冷静な議論が必要なのに、世界中が原発抜きでのCO2削減などというおかしな風潮で、(ガキのサッカーのように)再生可能エネルギーに注力している。またこれまでの政策における、電力自由化による電気代の乱高下や供給不安、FITによる国民負担など、反省点も踏まえる必要がある。

 そもそも鎌田氏(地学者)のいうように、大規模噴火が発生すれば、火山灰による寒冷化によって、一気に食糧危機が発生する。温暖化対策ばかり追っていては、思わぬところで大打撃を受ける。(新型コロナのように)災害は予想されないところからやってくる。
 なにしろ1000年単位では、地球は氷河期に向かっているのである。

               図2 噴火のしくみ

②福島の現状とエネルギー政策への示唆(開沼博氏)
 1時間ほどの講演の中で、氏が強調していたのは、「多元的リスク観」と「事実と思い込みの差異」であった。すなわち、目先のリスクに目が眩んで、事実を見失ってしまうことが多い。

 たとえば今のコロナ社会では、直接感染を恐れるあまり経済活動を封鎖し、むやみにPCR検査を拡大してきた。
 その結果日本では昨年、例年よりも亡くなる人が減少して高齢化が進展、働かずに口を開けて待っている人が増えてしまった。ゾンビと穀潰しで、日本経済がズタズタになってしまったのである。

 またクリミア戦争において、兵士の死因は戦闘での傷でなく、医療現場の不衛生であった。このことを発見し対策を実行したのが、ナイチンゲールである。
 同じように、過去の戦争での死者の多くは、病死か飢え死にである。福島では、10年前の大震災で直接亡くなった人(1605人)よりはるかに多くが、避難の長期化による震災関連死だったのである。

 福島で、膨大な処理水が溜まっているのも、人々の事実の基づかない思い込みが、政治判断を鈍らせている。処理水のトリチウム濃度は、1リットルあたり9000Bqで、人間の持つ放射性物質の量(7000 Bq)と変わらない。一度に全部放出したとしても、自然界にある放射線の数千分の一で、誤差の範囲にもならない。
 つまり事実より目先の感情が優先されてしまっていることが多い。

               タヌキの勢揃い 

 なぜこんなことが起こるのか。
 人々が同調圧力に簡単に流されてしまうからである。
 現代では、マスコミの力が圧倒的に大きい。コロナ、温暖化、ジェンダー、再生エネルギーなど、これらに対する異論を徹底的に排除している。ここに政治的意図が絡むからややこしい。愛知県知事のリコール署名は追及しても、はるかに重大なアメリカ大統領の選挙不正は「陰謀論」で片づけようとする。また寄ってたかって、オリンピックまで中止させようとしている。

 そうやって、国民の多くが事実と異なる認識を持ってしまう。
 いったん思い込んだらなかなか変わらない。自分でも変えようとしないし、変わらないようマスコミがことあるごとに後押ししている。風評被害は、その最たるものである。同調圧力は、マーケティングには有効であるが、レミングのような集団自殺をもたらすこともある。
 まともな未来をつくるには、人々に嫌われる強力な政治の力が必要なのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR