FC2ブログ
RSS

変態国家

 日本は、外交問題をそらすため政府叩きをするという、異常きわまる変態国家である

 年末のコロナ騒動に加えて、政権担当議員に対する風当たりが強い。贈収賄の疑惑や、大人数集会に参加したということで、辞職や謝罪会見に追いこまれた。
 とくに安倍前首相の「桜疑惑」は、コロナ疲れの年末メディアを賑わした。これも不思議で、選挙の素人には何が贈賄なのかよくわからない。後援者にとって、5000円も払った立食パーティで恩義を感じるであろうか(地方ではホテルの立食など、2000~3000円が相場である。公民館なら500~1000円)。それもたかが文書違反に過ぎない。
 もちろん不起訴となった。これを不服として、検察審査会に申し立てた暇人もいる。
 さらに、議員が宴会に参加しただけで、鬼の首でも取ったように騒いでいる。


 いずれも、アメリカや中国要人の疑獄とは、何桁もスケールが違う。立ちションベンで死刑になるようなもので、まさにポリティカルコレクトネスそのものである。そしてこれが、国民の不要不急の外出に免罪符を与えているという。甘ったれた国民性は相変わらずである。
 清廉潔白な議員は、仕事をしていないか、ちまちま金に細かい人ばかりである。それなりの政治家なら、叩けば必ず埃が出る。目くそ・鼻くそで、すべて程度問題である。難癖がいまや、政敵を追い落とす道具になってしまった。
 これでは金輪際、まともな人政治家になれない。日本はお先真っ暗である

                結城秀康

 ふつうの国は、国内に問題が起こると、国民の目を外に向けさせる。わざと戦争を起こし、権力者に降りかかった疑惑や不満のはけ口をそらす。中国や南北朝鮮、ロシア、アメリカも同じである。じつはその影響を受けているのが、日本である。

 その結果日本周辺では、じわじわと浸食されている。北方4島、竹島、尖閣、日本海の漁場など、ことごとく周辺国から侵略されてしまった。とくに中国は、周りの国への領土的野心を隠そうともしない。
 本来なら日本国民や政治は、それらに対抗すべきである。

 不思議なことに、日本はまったく反対のことをやっている。
 領土など外交問題が起こると、国民の関心をそらすため、あえて政権重鎮のどうでもいい不祥事を膨張させ、引き伸ばしている。侵略してくる中国への対応そっちのけで、政権たたきに奔走している。
 昨年来、国会でのモリカケサクラの審議時間は、外交案件の何倍にもなった。
 いま、緊急事態宣言のあり方をめぐっても、批判の嵐は止まらない。政府がなにをしても、しなくても必ず文句をつける。

                くそネズミ

 なぜこんなアホなことが延々と続くのか。
 野党やマスコミが、わかりやすい目先のことしか理解できない、無能であるからである。無能者ばかりだと、パーキンソンの凡俗法則に沿った議論しかできない。

 そうでなければ、とんでもない走狗である。
 すなわち、わざと国内政治家の不祥事に目を向けさせ、外国の侵略を呼び込もうとしている。もともと日本には、ハニトラで腑抜けになった者や工作員が多く入り込んでいる。政府中枢に、秘書として工作員を送り込み不祥事を起こせば、容易に失脚させることができる。議員自身が工作員である可能性も大きい。彼らは、日本政府のやることなすこと、すべて反対することに総力を挙げている。それが仕事である。
 情けないことに、政府はそれにおもねり、右往左往している。
 国会審議やマスコミ報道を見ると、周辺国に篭絡されているのがよくわかる。

 このような無能者と悪人でも、一定の人数を抱えておくのが、日本の民主主義なのである。我が国のことながら、異常な変態国家と言わざるを得ない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1059)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR