FC2ブログ
RSS

トップの姿勢と支持率

  国民がパニックになりそうな時、トップは支持率を無視し、泰然自若としていればいい
      「鋭さを面にあらわして」文句ばかり言う専門家は、毒饅頭をばらまいているだけ


 70%あった菅内閣の支持率が、40%前後まで下がってきた。はじめは決断よくやっていても、数か月すればボロがでる。トリチウム水放出が腰砕けになり、GOTOトラベル実施のタイミング、多人数でのステーキ会食など、やたら重箱の隅をつつかれ始めた。なにやら、TV出演時に発した冗談も評判が悪い。
 だがいまは、支持率の低下など、気にかけてはいけない。

 すなわち年末にかけ、コロナ陽性者の急増で、国民全体がパニックになっている。
 日本中がマスコミに煽られ、平静さを失っているとき、トップはどうするか。
 ニューヨークの市長やドイツのメルケル首相のように、言葉巧みに演説するトップは、絶賛される。或いは北海道知事にように、「コロナ対応で忙しく、会食どころではない」と、自らジタバタ動き回る首長ほど評価が高い。口車のうまい人が長時間立ち回れば、いずれも支持率は確保できる。

               大口ザウルス
 だが、それではまずいのではないか。
 もともとマスコミや野党は、自民党政権のやることについては、(パブロフの犬のごとく)条件反射的に批判する。それに合わせて、支持率も変化する。
 こんなものに一喜一憂していたら、まともな政治はできない。

 ここでトップが、言葉巧みな演説で人々を鼓舞させることは、あたふたするよりもっと危険である。歴史的にドイツ首相の演説は、身振りを加え理路整然として、聴く人の心を動かす。ドイツ人は乗せられやすいから、必ずよからぬ方に行く。ヒトラーの独裁政治である。また中国は、コロナ感染を利用して、全体主義を強固に確立させた。
 日本では、自民党の歴代総理は口下手である。強権・パワハラ政治もやりにくい。それを広報担当がカバーする。わかりやすく説明するのはマスコミの役割であるが、いずれもそんな度量がないからぎくしゃくする。


 ではどうすればいいのか。
 国民がパニックになりそうな時、トップは泰然自若としていればいい。
 ほんもののトップなら、どっしりと構えるであろう。国民と一緒に狼狽していたら、パニックがパニックを呼び、収拾がつかなくなる。下手すると内乱がはじまる。国民の多くが我を無くしていても、トップが落ち着いていれば、必ず周囲からまともな提案が出てくる。
(日本の総理は、烏合の世論を気にしすぎる。幸い日本には、どんなときも落ち着いて国民の安寧を願う、万世1系の天皇がおられるから救われる。)


 司馬遼太郎氏の小説の中に「鋭さを面にあらわしている人物は二流だ。一流の人物というのは、少々バカに見える」とある。その具体例で西郷隆盛の従兄弟である大山巌の逸話を、足利市長のブログは、わかりやすく紹介していた。
 それを見抜けるかどうかが、われわれ国民の才量なのである(本物のバカも多い)。

               タヌキの行列

 そもそも、日本の新型コロナ禍は、マスコミが作り出した狂乱である。台湾のような熱帯地方や、なぜか超過死亡者数の多い韓国を除き、日本はどこの国よりうまくやっている。いったいこれ以上、だれが何をできるというのであろうか。

 「鋭さを面にあらわして」文句ばかり言う専門家やコメンテーターは、二流どころか、国民に毒饅頭をばらまく奸物としか思えない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1059)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR