FC2ブログ
RSS

学者の研究費

 日本の未来のために、我々高齢者集団が、既得権を返上すべきである

 国会やメディアの政治欄では、相変わらず学術会議任命拒否問題を取り上げている。当事者にとって死活問題でも、国民から見ればちっぽけなことである。なくてもいいような学術会議の任命人数など、減らしたところで何の問題があるのか。

 まさに、些細なことに膨大なエネルギーを費やすという、パーキンソンの凡俗法則を地で行っている。モリカケサクラに続き、日本の政治担当者の劣化は目に余る。そうこうしているうちに、隣の巨大国家に飲み込まれたら、平成~令和の小田原評定として、永遠に歴史に残る。


 ただこれに関連して、日本では研究予算が絶対的に足りないという指摘がある。
 70万人の学者に対し7000億円の予算とすれば、一人当たり100万円である。平均であるから、「底辺」の学者はゼロに近い。彼らには、給料も満足に出ないという。そのため日本では、博士号を取った研究者が、コンビニでバイトしながら生活しているらしい。その結果日本のコンビニは、世界に誇る一大産業に成長してしまった?
 アメリカは日本の20倍の14兆円。中国も数兆円単位の研究費を使っている。そのため、日本の優秀な研究・技術者が中国に引き抜かれている。

                タヌキの金玉

 では日本も、研究予算を10倍にすればいいのか。
 そのためには、ほかの何かを削らなければならない。アメリカや中国で、巨額の研究予算を使っているということは、学者以外で冷や飯を食っている、多くの人がいるからである。現に学者天国である両大国の、貧富の格差は半端ではない。アメリカや中国の研究は、半分以上が軍事に結びついており、軍事力をつけるためには、多少の犠牲は覚悟の上なのである。
 そのうえ、学者の研究のほとんどは、使い物にならない。残った一部も、半世紀経ってようやく日の目を見る。


 「学問の自由」を謳歌するためには、日本でもそのようなムダ金が、少なくとも10兆円は欲しい。70万人の学者一人、毎年1500万円あれば、相当の研究はできる。
 日本に、そんな金があるのだろうか。

 それに予算を要求しているのは、学者だけではない。新型コロナで明らかになったように、医療・介護従事者の待遇も問題になっている。以前から、教員、保育士、農林水産業、防災、治安、セキュリティ、スパイ広報活動、公務員などなど、お金が不足しているところは、山ほどある。もちろん、軍事費もいまの5倍は欲しい。
 これらをすべて足し合わせると、30兆円ではきかない。
 逆に、これだけの予算があれば、日本はものすごく元気になる。

                金の成る木

 じつは日本には、30兆円という膨大な国家予算を使っている集団がいる。いわずと知れた高齢者集団である。毎年、年金の補充として税金から10兆円以上を支出。それが毎年増えている。日本を元気にするための予算が、高齢者の懐に入ったまま、大半は眠っている。すべてとは言わないが、その半分でも不足しているところに回せば、日本の未来は明るくなる。

 アメリカや中国では、日本ほど高齢者は優遇されていない。
 日本の未来のために、われわれ高齢者集団が、既得権を返上すべきではないか。学術会議は、(文句ばかり言わず)このような思い切った提案をすべきである。
 そして新型コロナの感染流行は、日本が復活する絶好のチャンスだったのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1064)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (126)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (518)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR