FC2ブログ
RSS

学術会員任命拒否

 福島処理水の海洋放出に全面的な支持声明を出すなら、学術会議の存在意義は見直される

 学術会議の任命拒否問題を見ていると、不思議なことに気が付いた。19日のプライムニュースに出演した早大の岡田教授(今回任命されなかったうちの一人)が、最後に「煩わしい仕事が増える会員など、成りたくないんです」と、捨てセリフを発したことである。岡田氏以外の学者でも、そのようなことを言う人がいる。
 任命されないほうがいいと思っているのなら、なぜ文句が出るのか。奇天烈である。

 スケールは違うが私にも経験がある。
 地域の区長を選出するとき、各町会長から数人の候補を出し、その中から1人を選挙などで推薦する。町会長と区長とでは、仕事量に倍以上の開きがある。それこそ区長などだれもやりたくない。もちろん無報酬である。
 候補になった段階で、いったん区長の就任を覚悟する。それでも半分は落とされる。成りたくない区長でも、落とされたら寂しい。
 成りたくないのに任命拒否で文句を言うのは、そのプライドの問題ではないのか。

                学者バカ

 もちろん、ちっぽけな区長と学術会員とでは、雲泥の開きがある。その辺の町区長は、学術会議のような、崇高?な仕事をしているわけではない。それでもレベルに応じ、人間の心理はそれほど違わない。

 すなわち今回の「事件」は、学者のプライドと、その暴走を少しでも抑制しようとする政治家との戦いなのである(少なくとも要因の一部ではある)。 
 もっとも彼らは、口が裂けてもそのような本音は言わない。


 そもそもこんなことが、政界を揺るがすほどの大問題なのであろうか。やりたくない人の寄せ集めである学術会議は、ほんとに必要なのか。この組織の存在意義そのものが、疑問視されている。国民の間では、学者に対する信頼も揺らぎ始めた。反対のためには、誰も理解できない屁理屈をこねまわす。彼らは、じつはアホなのではないか(サイコパスという人も多い)。

 そして、こんなどうでもいい組織のことで、日本の政治がぎくしゃくすることこそ、大きな損失である。
 死活問題なのは、学術会議を牛耳っている一部の人たちだけである。


 だが、これからでも遅くはない。国民の不安と気持ちに寄り添った、前向きな提案ができれば、学術会議の存在意義は見直されるかもしれない。例えばいま(組織内の不穏分子を抑えて)、福島第一処理水の海洋放出に、科学的見地から全面的な支持声明を出すことができるかである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1059)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR