FC2ブログ
RSS

安倍総理辞任

 「お疲れ様でした」は10年早い。 療養期間を経て、来年以降の3段飛びで政策課題を仕上げて欲しい
  
 昨日は、安倍総理が病状を悪化させ辞任するというニュースが、全国を駆け巡っていた。なにしろ歴代最長8年も在職した、日本政治のトップが、辞任するのである。
 私の仮説が一部、実証されてしまった。

 日本のためには、もっと総理を続けてほしかった。
 なにしろ日本は、トップの在任期間が短すぎる。
 安倍総理のように、最長でも8年足らず。アメリカや中国は、10年である。中国は強権発揮して、10年を超える。北朝鮮の金正恩も、まもなく10年になる。ロシアはもっと長い。トップが短期間でころころ変わる国が、発展したためしがない(長すぎもまずい)。

 だからやり残したことが目立つ。憲法改正、北朝鮮の拉致、北方領土、竹島・尖閣、原発、核武装などである。あと5年あればできた。聖徳太子の摂政時代は30年で、17条の憲法を定めたのは12年目である。
 総理にもっと権限があれば、多少病弱でも務まったのではないか。なにしろ日本では、民主主義の弊害が蔓延し、政策を実行するより調整の方に、大方の労力を奪われてしまう。

                サクラ散る H28.4.09

 それでも、安倍政権の功績は確実にあった。
 限られた権力の中で、日本は大きく変わった。
 若者は就職氷河期を脱し、職種さええり好みしなければ、引く手あまたである。贅沢をいわなければ、飢え死にする心配はない。武力という手足を縛られた中で、何とか中国やロシアの侵略を防いでいる。周辺の強請・集りの国にも、毅然と対応できるようになった。
 8年前の延長では、この当たり前のことがなされていなかったに違いない。
 やり残したことも、戦後70年以上できなかったことである。いやこれまで、誰もまともにやろうともしなかった。

 今年に入っての、コロナ対応もみごとであった。
 どん底の5~6月期で、ほとんどの先進国が年率50%以上の経済後退を見せる中、日本はその半分で押さえている。しかもコロナ死者も、圧倒的に少ない。あえて評判の悪い布マスクを配布することで、マスクのハイパーインフレを潰した。マスク美人も増えた。

 わがまま国民をなだめ、大変なかじ取りをしても、マスコミはやることなすことケチをつける。散々政権を叩いたマスコミが、そのまま世論調査をすれば、支持率が下がるのはあたりまえである。
 また、安倍総理には腐敗らしい腐敗はなかった。まれにみる清潔な政治家である。モリ・カケは完全に言いがかりだし、サクラくらいは常識の範囲である。これすら中止に追い込まれた。水野忠邦の倹約政治では息が詰まる。

 これでは、病状を悪化させない方が不思議である。
 つまり、総理を病気辞任に追いやったのは、われわれ国民に他ならない。
 あと5年あれば、まだまだ大きなことができた。それを潰した国民の責任は重い。その最大戦犯は、マスコミである。

                 勝負 R2.8.04

 もっとも総理自身は、ツバメ返しの「3段跳び」を狙っているのかもしれない。すなわち、あと1年の任期満了で退陣したのでは、政策は完遂できない。それよりここで中途辞任し、来年以降の総裁選で復活する。療養と準備期間を経て、あと2~3期あれば、最後の「ジャンプ」で仕上げができる。いくつか失敗は、貴重な糧となる。年齢的にもぴったり最後である。これなら納得できる。

 難病転じてビッグな仕事を為す!!
 その局面を見届けなければ、われわれ年寄は成仏できない。
 だから、しっかり治療・回復していただきたい。「お疲れ様でした」は、まだ10年早い。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
臨界都市の福井に住む
 酔狂じじいがしつこく吠える
         妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1034)
 原発、エネルギー (141)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (126)
 憲法、法律、選挙、裁判 (95)
 政治家、政策、政局 (239)
 インフラ、防災、環境、人口 (119)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1040)
 社会一般 (160)
 高齢化、医療、死生観 (254)
 格差、差別、弱者、女性 (97)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (47)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (111)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (507)
 中小企業施策 (74)
 経営革新、戦略、手法 (95)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (64)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (74)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (53)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR