FC2ブログ
RSS

帯状疱疹闘病記②

 武漢ワクチンより帯状疱疹ワクチン接種推進のほうが、はるかに国民の利益になる

 帯状疱疹という厄介な病魔に襲われて、10日あまりになる(詳細な経過報告は後日)。
 全身のけだるさと、右上半身の何とも言えない痛さに襲われてから、5日ほど経過した。痛さは、やや緩和されたような気もするが、慣れただけかもしれない。

 今日現在の具体的な症状は
①右上半身の赤く腫れた皮膚を中心にジクジク痛む。とくにひねったり振動すると痛い。
②腫れの状況:塗ったような腫れ→その中に水泡ができる→水泡が黒っぽく濁る(いま)
②腫れの箇所以外でも、右半身の肩から手先にかけて、シクシク痛い
③つばを飲み込むとき咽喉が痛む。あごも痛い。
④腰痛がする
⑤なんとなく全身がだるい
⑥十分な運動ができず、食欲も減退、酒も飲みたくない
⑦横になっても患部が痛く、まともな睡眠がとれない。落ち着いて楽になれない
⑧便秘になった(これも辛い)

 調べてみると、この病気は完治するのに1か月以上かかるという。さらに帯状疱疹に関する痛みは、人によっては人生最悪の痛みとも言われる。なにしろウィルスが、まともに神経を痛めつけるのである。そのうえ私のような高齢者は、かなりの割合で重い神経後遺症に襲われる。直接の死亡率は低いが、免疫力が落ちているので、感染症で亡くなる割合が高くなる。
 じつにおぞましい、人を苦しめる大変な病気である。
 いま日本で注目されている武漢ウイルスの軽症より、苦しいのではないか。

                 ガマの油

 この帯状疱疹は、よく聞く「一般的」な病気である。
 その「一般的」な病気で、日本で毎年60万人もが、1か月以上苦しんでいる。
 一方で、日本で武漢ウィルスの発生は、ここまで半年で3万人足らず。その中の中等症患者、つまり帯状疱疹以上の重症者は、年間でも1万人といないはずだ。
 ほんとは、武漢ウィルスより帯状疱疹への対策の方が重要ではないか。

 さいわい帯状疱疹には、効果的なワクチンがある。
 日本では、できもしない武漢ワクチンより、帯状疱疹ワクチン接種を推進したほうが、はるかに国民の利益になる。
 ただ帯状疱疹などは、ほんの一例である。こんなものより重要なことは山ほどある(だから無視されてきた)。

 つまり人々は、武漢ウィルスに目が眩んで、もっともっと大事なことを、たくさん疎かにしている。いつまでたっても、ガキのサッカーから抜けられないのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR