FC2ブログ
RSS

帯状疱疹闘病記②

 武漢ワクチンより帯状疱疹ワクチン接種推進のほうが、はるかに国民の利益になる

 帯状疱疹という厄介な病魔に襲われて、10日あまりになる(詳細な経過報告は後日)。
 全身のけだるさと、右上半身の何とも言えない痛さに襲われてから、5日ほど経過した。痛さは、やや緩和されたような気もするが、慣れただけかもしれない。

 今日現在の具体的な症状は
①右上半身の赤く腫れた皮膚を中心にジクジク痛む。とくにひねったり振動すると痛い。
②腫れの状況:塗ったような腫れ→その中に水泡ができる→水泡が黒っぽく濁る(いま)
②腫れの箇所以外でも、右半身の肩から手先にかけて、シクシク痛い
③つばを飲み込むとき咽喉が痛む。あごも痛い。
④腰痛がする
⑤なんとなく全身がだるい
⑥十分な運動ができず、食欲も減退、酒も飲みたくない
⑦横になっても患部が痛く、まともな睡眠がとれない。落ち着いて楽になれない
⑧便秘になった(これも辛い)

 調べてみると、この病気は完治するのに1か月以上かかるという。さらに帯状疱疹に関する痛みは、人によっては人生最悪の痛みとも言われる。なにしろウィルスが、まともに神経を痛めつけるのである。そのうえ私のような高齢者は、かなりの割合で重い神経後遺症に襲われる。直接の死亡率は低いが、免疫力が落ちているので、感染症で亡くなる割合が高くなる。
 じつにおぞましい、人を苦しめる大変な病気である。
 いま日本で注目されている武漢ウイルスの軽症より、苦しいのではないか。

                 ガマの油

 この帯状疱疹は、よく聞く「一般的」な病気である。
 その「一般的」な病気で、日本で毎年60万人もが、1か月以上苦しんでいる。
 一方で、日本で武漢ウィルスの発生は、ここまで半年で3万人足らず。その中の中等症患者、つまり帯状疱疹以上の重症者は、年間でも1万人といないはずだ。
 ほんとは、武漢ウィルスより帯状疱疹への対策の方が重要ではないか。

 さいわい帯状疱疹には、効果的なワクチンがある。
 日本では、できもしない武漢ワクチンより、帯状疱疹ワクチン接種を推進したほうが、はるかに国民の利益になる。
 ただ帯状疱疹などは、ほんの一例である。こんなものより重要なことは山ほどある(だから無視されてきた)。

 つまり人々は、武漢ウィルスに目が眩んで、もっともっと大事なことを、たくさん疎かにしている。いつまでたっても、ガキのサッカーから抜けられないのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :