FC2ブログ
RSS

専門家の見解

 楽観的に進めることで経済活動を促すべき。 武漢ウィルスは覚悟だけでいい

 先週16日、国会で参考人として出席した東大の児玉龍彦教授は、「東京に、新型コロナのエピセンター(感染集積)が発生し、国の総力を挙げないとニューヨークの二の舞いになる」と警告した。具体的には、「大量のPCR検査をして感染者を洗い出すことが大事」と、切々訴えていた。

 さらに児玉氏は、「大量の検査をしないというのは世界に類を見ない暴挙です。感染症を専門としている人間にとって、この発想はあり得ない。」とまでおっしゃる。
 東京で陽性者が拡大するにつれ、またぞろ検査至上主義が息を吹き返してきた。
 
 
                 もっこ大王

 一方、児玉氏と対照的に、楽観的な仮説を立てている人もいる。
 国際医療福祉大学の高橋泰教授は、新型コロナは過度に心配すべきではないという。
 高橋教授は、「日本人(東アジア)は、自然免疫が強く、また血栓ができにくいため、罹っても重症化しにくく、亡くなる人は少ない」という仮説を立てている。いまのところ状況は、ほぼこの通りに推移している。
 この仮説を信じれば、経済活動は完全復活できる。

                 岡倉天心

 二人の専門家のうち、どちらが正しいか。
 私自身は、児玉氏のように、やたらと危機を煽る専門家は胡散臭いと思っている。専門家は本能的に、自分たちの領域の重大性を強調することで、注目と金を集めようとする。専門知識では、他の人が反論しにくいからである。
 そうかといって、高橋教授のように楽観的すぎるのも考えものである。高橋教授の考えはあくまでも仮説で、状況証拠しかない。すこしでも感染が拡大したら、それ見たことかと叩かれる。ポピュリストの政治家には採用しにくい。
 
 ふつう、経済活動の政策を決定する場合、いずれかの見解を根拠とする。
 いずれも、大きなリスクとそれなりの犠牲が発生する。トロッコ問題である。 

 マキャベリならどうするか。
 理論にとらわれず、もっとも実害の少ない方策をとるはずである。いずれの理論にしろ客観的に考えれば、新型コロナでいくら亡くなっても、経済困窮で死ぬより、人数的にも社会的にも影響は少ない。コロナに眩んだ国民に批判されるだけである。
 つまり、楽観的に進めることで経済活動を促し、武漢ウィルスは覚悟だけしておく。
 
 さて日本のリーダーは、どのような道を選ぶのであろうか。どうも中途半端なような気がする。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :