FC2ブログ
RSS

また陽性者

 こんどのGoTo キャンペーンは、地方老人の撲滅大作戦である

 12日に福井県内で、75日ぶりに武漢ウィルス陽性者が見つかった。東京へ10日間あまり出張した30代の会社員で、基礎疾患はなく、いまのところ軽症らしい。9日の夕方帰福し、10日に出社して発熱、11日に検体採取、12日に陽性と判明されたという。
 偽陽性の疑いもあるが、90%の確率で感染していると思われる。

 ただ、その記者会見を聴いても要領を得ない。人物の特定はもちろん、所属会社や家族構成、同行者、東京での行動範囲、福井へ帰ってからの動きも明確にしない(あわら温泉で私と同宿したかもしれないのに)。スマホアプリ登録の有無すら隠す。法規制上、本人が了承しない限り公表できないことになっているのだという。
 ここまで国民を甘やかしている国は、日本以外にあるのだろうか。

                 独裁者

 今回も陽性者本人が、公表を控えるように希望しているらしい。いずれわかるのに往生際が悪い。まもなく詮索好きが、SNSなどで明らかにする(前回もクラスター原の片町スナックはすぐ暴露された)。そうやってあとでわかったほうが、強烈パッシングされる。国が甘やかす分、周囲は厳しくなる。

 そもそも公表されたくないのなら、PCR検査など受けるべきではなかった。どうせ治すのは自己免疫しかない。自宅で1週間安静にしていれば治ったはずである。ノコノコと会社や病院まで出歩けば、病状の悪化と地域内の感染拡大は必須である。

 3カ月前、福井ではじめて見つかった陽性者も、東京帰りであった。またあのときと同じ、100人以上感染が広がるのではないか。コロンブスやマゼランの大航海時代、植民地の原住民は、欧米人の運んだ天然痘やペスト感染で滅びた。だからこんどのGoTo キャンペーンは、地方高齢者の撲滅政策である。
 これがうまくいけば、地方再生になる。

                恐怖の大王

 もっとも3カ月前と異なり、人々も不安慣れしている。あきらめた人も多い。
 東京で毎日200人以上陽性者が出ても、以前ほど騒がない。こんどは福井も、あたふたしないのではないか。そのうち「恐怖の大王」が現われれば、武漢ウィルスなどどこかに飛んでいく。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :