FC2ブログ
RSS

日本人の民度

 感染対策がうまくいったのは、民度が低いことと、口数が少なく小食だからであった

 麻生大臣の「新型コロナで死者が少ないのは、日本人は民度が高いから」という発言を、批判する人がいる。「民度が低い」といわれたならともかく、褒められて反発する人は、自ら日本人でないことを白状しているようなものである。

 こんどの感染症対応を見ても、半数以上の国民は、ひたすら政府の方針を守り、濃厚接触を避けてきた。メディアの煽りにも耐えて検査や医療を過信ぜず、医療崩壊を防いだのは、民度が高いと言えなくもない。

                手を洗おう

 しかし、日本人はほんとに民度が高いのか。
 最近の報道を見ると、とてもそう思えない。
 未曽有の感染拡大と恐慌に戸惑って、冷静さを失った人々が多い。この期に乗じて、何でも政権批判に結び付ける輩もいる。それが目立つ。

 たとえばマスコミは、相変わらずフェイクニュースを乱発する。
 先日も、「香港への国家安全法の導入を巡り、中国を批判する米国や英国の共同声明の参加を打診されたが、拒否していた」と報道した。
 政府を貶めるため、わざと解釈を捻じ曲げたもので、いくらでも出てくる。

 国会議員も怪しい。国会中継を聞いていると、それぞれの主張がまさにフェイクである。政府決定はおおざっぱだし、その説明も要領を得ない。野党は野党で、政府のやることなすこと反対する。重箱の隅を嗅ぎ回り、ミスを突きまわっている。批判のタネは尽きることがない。典型例は、アベノマスクであった。
 国会議員だから、もっとましな質問や答弁を聴きたい。

 マスクの製造・配付や持続化給付金支給など、政策を実行するところもいい加減である。寄せ集めの事務員ばかりで、審査や支給が一向に進まない。制度そのものを理解できていないからである。
 政策を決めた人や文句をつける人は、口をあけて待っていないで、手伝いに行ったらどうか。200兆円も配分するのは並大抵ではない。

 TVのモーニングショーもひどい。
 感染が深刻化した2月頃から、新型コロナ一色であった。どの番組も検査拡大を煽り、口を開けば悪口三昧。あまりのひどさに、3月くらいからTVを見なくなった。

 すなわち何もしないくせに、仕事をしている人を叩く人で満ち溢れている。批判するためには、ウソも隠ぺいも厭わない。
 先日、横田滋さん(めぐみさんの父親)が亡くなったことを受け、めぐみさん弟の拓也さんは、「何もやってない方が政権批判をするのは卑怯」と、批判に明け暮れている人たちを批判していた。まさに今の日本そのものである(このブログも?)。

              野合

 これではとても、国民の民度が高いとは思えない。
 では、なぜ今のところ日本で感染拡大が押えられているのか。

 ひとつは、あまりにも民度が低いからであった。つまり日本人は、人の悪口でストレス発散しているのである。とくに政府は叩きやすい。ストレスが無くなれば、免疫力は高まる。
 「バカは風邪をひかない」という諺は、これで証明された。
 つぎに日本人は、口数が少ないからではないか。密閉電車の中でも、むっつりとマスクしていたら、感染リスクは格段に下がる(痴漢して、大声で騒がれることも減った)。
 さらに日本人が世界一の長寿なのは、単純に少食だからである。

 これでいったい、何を楽しみに生きているのだろうか。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :